大阪 飲食店

【大阪・飲食店】天王寺駅直結の沖縄料理屋『沖縄食堂ハイサイ』

沖縄食堂ハイサイ

フリーランスのタカヤです。

 

僕は沖縄料理が好きなので、色々なところで沖縄料理屋を探すのですが、沖縄料理って居酒屋が多くて、昼間は開いてないお店が多いんです。

 

なので、「ランチで気軽に一人で沖縄料理」は、なかなか難しい。

僕みたいな沖縄料理好きの方って、けっこういるんじゃないでしょうか?

 

今回は、そんな方に朗報です!

大阪・天王寺駅直結の商業施設「天王寺MIOプラザ館」に、昼間から気軽に入れる沖縄料理屋があるのです。

 

「沖縄食堂ハイサイ」というお店で、毎日ランチから夜まで営業しています。

どんなお店なのか、紹介していきますね!

 

一人でも行ける沖縄料理屋『沖縄食堂ハイサイ』

沖縄食堂ハイサイ

 

『沖縄食堂ハイサイ』は、大阪・JR天王寺駅直結の商業施設「天王寺MIO」のプラザ館にあります。

昼から夜までずっと営業しているので、ご飯を食べる場所としても、居酒屋としても使える便利なお店です。

沖縄食堂ハイサイ一人でも入りやすい雰囲気。

特にランチ時は、一人で来る人をよく見かけます。

 

仕事のランチ休憩の時にも行きやすくて助かりますね。

僕みたいに、突如沖縄料理が食べたくなるような人にとっては貴重なお店。

駅直結なので、天候に左右されず行きやすいのも便利です!

 

店内は沖縄感満載!

スクリーンには、沖縄出身アーティストの音楽が流れています。

沖縄好きには堪りません。

 

『沖縄食堂ハイサイ』のおすすめメニュー

沖縄食堂ハイサイ

 

店頭には、分かりやすくサンプルが展示されています。

チャンプルーソーキそばもずくの天ぷらなど、イチオシメニューが分かりやすいですね!

 

中でも、食べて欲しい料理はこちらです。

【ゴーヤチャンプルー】

沖縄食堂ハイサイ

ちょっと関西風の出汁が効いた味付けが美味しい!

ゴーヤ独特の癖が少なくて、食べやすいです。

 

【ソーキそば】

沖縄食堂ハイサイ

軟骨ソーキがトロトロ!

出汁も美味しくて、全部飲み干せそうです。

 

もちろん、生のオリオンビールもあります!

昼からオリオンビールなんてのも最高ですね。

 

メニューは時期によって変わる場合があります。

 

『沖縄食堂ハイサイ』の店舗詳細情報

沖縄食堂ハイサイ

 

沖縄食堂ハイサイ』の店舗詳細情報です。

住所〒543-0055 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10−48 M2F 天王寺ミオ プラザ館
電話番号06-4305-7032
定休日なし
営業時間11:00〜23:00
交通手段天王寺駅直結「天王寺MIOプラザ館M2階」

 

『沖縄食堂ハイサイ』の食べログはこちら

 

お店の隣にあるチューハイ専門店「スタンドチューハイ35」は系列店なので、そちらでも『沖縄食堂ハイサイ』の料理が食べられます!

スタンドチューハイ35
駅上で1杯。天王寺駅直結のチューハイ専門店『スタンドチューハイ35』フリーランスのタカヤです。 「仕事終わり、家に帰るまでにどうしても1杯だけ飲みたい!」 そんなとき、ありますよね?(...

 

『沖縄食堂ハイサイ』の系列店情報

 

実は、『沖縄食堂ハイサイ』には系列店があります!

大阪の梅田難波に数店舗あるので、そちらの方が行きやすい方は是非行ってみてください。

 

 

『沖縄食堂ハイサイ』と同じメニューも多いですよー!

 

自宅でも沖縄食材を楽しめる!

 

大阪・天王寺にある『沖縄食堂ハイサイ』について紹介してきましたが、関西以外に住んでいる方はなかなか行けないですよね。

 

しかし、そんな方も沖縄食材を自宅で楽しむことができます!

なんと、「楽天市場」には沖縄食堂ハイサイ が出店してるんです。

 

ネットショップでは、沖縄食堂ハイサイが厳選した沖縄食材が売られています。

 

例えば、「生もずく」や、

最高級豚肉の 「キビまる豚」など。

沖縄料理屋が目利きした食材ばかりなので、間違いなしですよ!

 

『沖縄食堂ハイサイ』の感想

沖縄食堂ハイサイ

 

『沖縄食堂ハイサイ』は、沖縄料理好きな人がふらっと気軽にご飯を食べれるお店です。

沖縄料理をつまみながら、オリオンビールや泡盛を飲むのも良し!

 

沖縄感溢れる店内美味しい沖縄料理を食べて、沖縄に行ったような気分になりますよ。

大阪・天王寺周辺で、沖縄を感じたくなった方は是非行ってみてください〜。

 

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。