フリーランス

【スキルなしOK】Webライターで「月5万円」稼ぐまでのロードマップ

フリーランスのWebライターとして活動しているタカヤです。

 

本記事では、スキルなしでもWebライターで月5万円を稼ぐまでのロードマップを公開します。

フリーランスのWebライターとして活動している僕が、ゼロの状態から月収5万円に到達するまでの道しるべを示しました。

 

本記事は、こんな方におすすめです。

  • 副業をしたい方
  • フリーランスになりたい方
  • Webライター初心者の方
  • 場所を問わず働けるようになりたい方

 

 

→本ロードマップを公開した経緯はこちら。

「個人で月5万円稼ぐまでのロードマップ」を公開します!フリーランスのタカヤです。 会社員を辞めて世界放浪の旅に出た僕ですが、コロナのために旅を中断せざるを得なくなり、日本に帰国...

 

本記事の内容をちゃんと実行してもらえれば、3ヶ月〜6ヶ月で毎月5万円を稼げるレベルにまで達することができます。

会社員だと、こんな短期間で月5万円給料が上がるなんて、なかなかないですよね。

 

個人の力で月5万円を稼げれば、月10万円や月20万円ももうすぐ。

会社に頼らずに個人で稼ぐ力を身に付けたい方は、ぜひ読んで実践してみてください。

僕自身のフリーランス活動実績はこちら

 

ロードマップのカリキュラム

カリキュラム

 

まずは、本ロードマップのカリキュラムを紹介します。

大きく分けて、以下5つの項目に分類しました。

 

・フリーランスで稼ぐために必要なマインド【本質】

・Webライターの案件を受注する方法【実践編】

・Webライターの業務と同時進行でやるべきこと【長期的視点】

・Webライティングの勉強方法【スキルアップ】

・単発でも良いから稼ぐ方法【とにかく即金】

 

それでは、Webライターで月収5万円の獲得に向けて、行動していきましょう。

 

フリーランスで稼ぐためのマインド【本質】

脳

 

特に現在会社員の方は、フリーランスとして稼ぐに当たって、マインドを変えることが必要です。

それは、自分で積極的に動いていく姿勢。

 

とにかく、「行動」が最重要です。

知識やスキルがなくても、行動さえすればカバーできます。

なので、本ロードマップを読みながら、ぜひ行動に移していただければと思います。

 

会社員やアルバイトだったら、とりあえず出勤したら給料が発生しますよね。

しかし個人で稼ぐとなると、当たり前ですが、自分で仕事を受注して作業しなければ、お金は1円も発生しません。

 

ロードマップで方向性を示すことはできますが、実際に行動するのは自分自身。

とりあえず行動して、失敗をしたら改善してまた即行動です。

 

また、仕事を受注した際には、「相手の期待を超えること」を目標にしましょう。

「いや、自分にはそんなスキルないよ!」って思う方もいるかもしれません。

 

しかしスキルがなくても、相手の期待を超えるためにできることはいくつもあります。

  • スピード納品
  • 連絡をしっかり取る
  • 相手の時間を奪わない

 

クラインアントの視点から見ると、以下のようになります。

期待以下=もう案件を発注することはない。

期待通り=普通。機会があれば発注することもあるかも。

期待以上=次回も発注したい。別の案件も頼みたいかも。

 

案件を受注した際には、ぜひ意識していきましょう。

※ただしブラックなクライアントに出会ったら、すぐに退避してください。

 

Webライターの案件を受注する方法【実践編】

仕事中の様子

 

ここでは、スキルなしでもWebライターの案件を受注する方法を具体的に解説していきます。

ぜひ実践しながら、読み進めてみてください。

 

最初に登録すべきクラウドソーシングサイト

 

僕は、主に以下3サイトを利用しています。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

 

まずは、案件を受注するクラウドソーシングサイトの登録から。

もちろん全て登録無料なので、即実行していきましょう。

【フリーランス】副業探すなら登録すべき『クラウドソーシングサイト』3選月収15万を目指して奮闘中のタカヤです。 https://sekaihourou.com/freelance-15man...

 

ランサーズの特徴

 

ランサーズとクラウドワークスは、クラウドソーシング界の2大サイトです。

案件数が非常に多いので、とりあえず登録しておきましょう。

ライティングの案件はもちろん、単純な事務作業やコールセンター業務など、スキルなしでもできる案件がたくさんあります。

 

また、ランサーズ内では、「ランサーズ株式会社」が出している案件もあります。

ランサーズ株式会社が出している案件は、基本的に全て良い案件なので、フォローしてチェックしておくことをおすすめします。

 

クラウドワークスの特徴

 

クラウドワークスも、ランサーズと同じように様々な種類の案件があります。

どちらのサイトも大差ないので、両方動かしながらやっていくのが良いかなと思います。

 

ちなみに、登録して最初の頃は、案件のフリをしたネットワークビジネスの勧誘がきますので、ご注意ください。

クラウドワークスで仕事の応募をしたら、ワールドベンチャーズの勧誘だった。無職旅人のタカヤです。 最近は、家でできる仕事を探してます。 家にいる時間が増えたので、そんな方も多いんじゃないでし...

 

ココナラの特徴

 

ココナラは、気軽に自分のスキルを販売できるサイトです。

ビジネス系のスキルも多いですが、趣味のスキルも販売されていることが特徴

 

「電話で愚痴聞きます」や「ダンス教えます」「歌い方のコーチングします」など幅広いジャンルが何でも出品されています。

【自分のスキルを販売】『ココナラ』で出品をした結果やメリット・デメリットインドア系旅ブロガーのタカヤです。 ウェブ上にあるサービスなんですが、自分な得意なスキルを販売できたり、他の人のス...

 

僕もこんな感じで、いつくか出品しています。

 

ご依頼者さまオリジナルの国内旅行プラン立てます 【日本一周した旅ブロガーが作る!】世界で一つだけの旅行プラン

 

1文字1.2円/多ジャンル文章の執筆をします 1記事からのご注文可能!さまざまなご要望に対応いたします。

 

ココナラは、スキルを出品できるだけじゃなく、ランサーズやクラウドワークスと同じように仕事を探すこともできます。

他サイトに比べて利用者数がそこまで多くないためか、ライバルが少ないので、初心者でも仕事を受注しやすい環境にあります。

 

僕もフリーランス活動開始当初の頃は、ココナラを一番よく使っていた気がします。

 

プロフィール文の書き方

 

クラウドソーシングを利用するにあたって、プロフィール文の書き方もある程度重要になります。

(ただし、凝り過ぎるのは良くないので、徐々に改善していきましょう)

 

基本的には、人気ランキング上位の人のプロフィール文の構成を真似すると良くなると思います。

 

書くべき内容や抑えるべきポイントは、以下の通りです。

・プロフィール写真は自分の顔(笑顔で明るい雰囲気の写真を使う)

・わかりやすく端的に書く

・経歴、実績例、自分のスキル、これまでに執筆したジャンル、稼働可能な時間を書く

・「数字」を意識して書く(「累計執筆本数300本以上」など)

 

参考までに、僕のプロフィールを貼り付けておきます。

ランサーズのプロフィール

 

正解はないですが、わかりにくいプロフィール分やネガティブな雰囲気を感じるプロフィール文は読むのがしんどいので、気を付けましょう。

 

案件の探し方

 

クラウドソーシング内での、案件の探し方について解説します。

クラウドソーシング内では案件数が膨大なので、絞り込んで探すことが必要です。

 

クラウドソーシングごとに多少の違いはありますが、ここでは「ランサーズ」を例にして紹介します。

  1. 「ライティング」のカテゴリから探す
  2. できれば、発注記事数「5本以上」で探す(単発だとしんどいので、できるだけ継続案件を取るという意味。)
  3. 文字単価0.5円以上の案件を狙う(スキル・実績なしだと、最初は文字単価0.5円くらいからスタートになることが多いです。)

 

ライティングの場合、本採用前に「テストライティング」があります。

ここで注意して欲しいのは、テストライティングを無料にしているところは、ブラックな可能性が高いということ。

後々面倒になる可能性が高いので、できれば避けるのがベストです。

 

こうして案件を探したら、とにかく提案です。

とりあえず、毎日10件くらいの案件に提案していきましょう。

最初は数が重要なので、ちょっとでも気になる案件があれば、すぐに提案です。

30件提案したら、1件くらい案件を獲得できます。

 

提案文のテンプレート

 

でも、毎日そんなにたくさんの提案をするのも大変ですよね。

どんな提案文が効果的なのかもわからないと思います。

 

そんな方のために、提案文のテンプレートをご用意しました。

こちらのテンプレートを使ってもらえれば、ほとんどコピペで提案できるので、一瞬で終わるはずです。

 

↓以下、提案文のテンプレート

初めまして。

Webライターとして活動している◯◯と申します。

募集要項を見て、応募させて頂きました。

 

ご要望に沿った記事のライティングが可能です。

これまでの記事執筆本数は◯本以上、ライターとしては◯ヶ月の経験があります。

参考までに、私が運営しているブログと過去に執筆した記事のURLを貼っておきます。

ブログ:URL

過去に執筆した記事:URL

 

初回記事に関しましては、不慣れなことも多いかと思いますので、◯円でお受けいたします。

納期は◯週間(◯日間)で可能です。

 

また、納品した記事の修正は、何回でも対応いたします。

納期は確実に守りますので、よろしくお願いいたします。

 

シンプルですが、こんな感じで良いと思います。

実際に、僕もこんな感じの文章で提案文を送りました。

以下、提案文のポイントを書きます。

 

提案文のポイント

・ブログをやっている人は実績として載せる。

・Webライターとしての経験には、ブログの執筆本数や経験年数を入れてOK。

・クライアントが掲示している金額よりも、安い金額で提案する。(特に初回記事)

・納期を短めにして提案する。(難しそうだったら書かなくてもOK)

・納期をしっかり守ることを書く。

 

クライアント側の気持ちには、以下のようなものがあります。

  • できるだけ安く発注したい
  • 納期はしっかり守って欲しい
  • ちゃんと最後までやりきって欲しい
  • できれば経験のある人が良い

 

なので、この辺を書いておくと効果的なはず。

 

実績やブログが何もない方は、とりあえず文字単価の安い案件をいくつかやって実績を作りましょう。

単価の安い記事であれば実績が必要ないので、誰でも受注できます。

 

クラウドソーシング内で上位クラスを獲得しよう

 

クラウドソーシングサイトには、レベル分けがあります。

評価の高い人や報酬額の高い人、受注数の多い人はどんどんレベルが上がっていき、それがプロフィールに表示されるというもの。

 

上位クラスになれば信頼度が上がりますし、クライアントに見つけてもらいやすい設計になっています。

できれば、上位クラスを目指していきましょう。

 

今回紹介した3サイトのレベル分けについて、紹介しておきます。

詳細な条件については、各サイトをご覧ください。

 

ランサーズ

 

認定ランサー実績、報酬額、高評価などの条件を満たした最高ランク
シルバー評価が高く活躍中のランサー
ブロンズ受注実績のあるランサー
レギュラー本人確認や機密保持確認などが完了しているランサー

 

僕は「認定ランサー」を取得することができました。

とはいっても、前述した「ランサーズ株式会社」のタスク案件をやってたら、勝手に認定ランサーになっていただけ。

特に大したことはしていないのですが、認定ランサーになったおかげで、良い条件の依頼が来ることもあります。

 

クラウドワークス

 

クラウドワークスでは、週間ランキングと月間ランキングで報酬額上位の人がまとめて表示される仕様になっています。

そして、それとは別に一定の基準を満たすと「プロクラウドワーカー」に認定され、様々な優遇を受けることができます。

 

また、クラウドワークス内の検定があり、その検定に合格すると、プロフィールに表示されます。

僕は、「Webライター検定3級」に合格したので、プロフィールに表示されるようになりました。

クライアントに対して少しは信頼感を与えられるかな、という感じです。

 

ココナラ

 

プラチナ
  • 直近3ヶ月の販売額10万円以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率90%以上
  • 累積の平均評価4.8以上
  • 本人確認済み
ゴールド
  • 直近3ヶ月の販売額5万円以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率90%以上
  • 累積の平均評価4.8以上
シルバー
  • 直近3ヶ月の有料販売件数10件以上
  • 直近3ヶ月の納品完了率80%以上
ブロンズ累積の有料販売件数10件以上
レギュラー累積の有料販売件数1件以上

 

ココナラでも「プラチナ」を取得することができました。

プラチナの条件は「3ヶ月間で10万円以上」なので、ココナラで集中投下して仕事をすれば、比較的簡単になれるかなと思います。

 

まずは3つのサイトに登録して、使いやすかったサイトを集中的に使うのがおすすめです。

サイト内のランクを高めれば、それだけで依頼が勝手に入ってくる状況を作れます。

 

クラウドソーシングを脱しよう

 

ここまでクラウドソーシングについて解説してきました。

しかし、最終的にはクラウドソーシングを脱するのがベストです。

 

というのも、クラウドソーシングは利益の約25%がサイトに持っていかれるから。

1万円分の仕事をしたとしても、手元に残るのは7,500円です。

つまり、文字単価1円の案件が、実質文字単価0.75円の案件になる訳です。

 

クラウドソーシングだけでずっとやってたら、その内消耗すると思います。

なので、徐々にクラウドソーシングを脱していくのがベスト。

僕も、現在はクラウドソーシングを半分近く脱しているところです。

 

Webライターの業務と同時進行でやるべきこと【長期的視点】

時間とお金

 

クラウドソーシングを脱する」とは言っても、どうすれば良いかわからないですよね。

すぐに脱することはできません。

しかし、脱するための準備は、今からでもすぐにできます。

 

仕事をクラウドソーシング外から受注できる状態を作っていきましょう。

これは、ライターの業務と同時進行にできればベストです。

 

ゆっくりでも良いので、少しずつ進んでいきましょう。

長期的に見て、大切なことです。

 

やるべきことは、SNSやブログなどで発信をしていくこと。

ライティングをやって学んだことや困ったことなどを発信したり、自分の好きなことについてでも構いません。

 

すると、その発信を見た人から相談があって仕事になる場合もありますし、「お、ライティングやってるんだ!じゃあ頼もうかな〜」と知り合いから依頼を受けることもあるでしょう。

 

最近では、いろいろなプラットフォームで発信ができます。

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • note
  • ブログ
  • YouTube
  • TikTok
  • オンラインサロン

 

この他にも、たくさんありますよね。

まだ発信をやっていない方は、ぜひ少しずつでもやってみてください。

 

中でも、Webライターと相性の良いプラットフォームは、Twitterとブログです。

これからWebライターを始める方は、セットでTwitterとブログを始めることもおすすめします。

【ブログ180記事書いて感じた】ブログをやる9つのメリットを紹介!インドア系旅ブロガーのタカヤです。 僕は、このブログを始めて約1年2ヶ月/180記事を書いてきました。 そして、ブロ...

 

Webライティングの勉強方法【スキルアップ】

本

 

Webライティングも、勉強してみると奥の深さに気が付きます。

より良い文章を書くためには、勉強が必要不可欠。

 

もちろん、行動あっての勉強です。

行動した上で、勉強も挟んでいきましょう。

ライティングの勉強でおすすめの本・ブログ・Twitterアカウントをそれぞれ紹介します。

 

Webライティングの学習におすすめの本

 

Webライティングの学習におすすめの本を紹介します。

実際に僕が読んで、良かった本のみを紹介しています。

 

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」古賀史健


「文章の基本型を学べる教科書」のような存在です。

これからWebライターを始める方には、まず読んでほしい一冊。

 

 

「人を操る禁断の文章術」メンタリストDaiGo


心理学の視点から、読者を動かす文章術を学べます。

メールなどの日常生活でも利用できる内容から、ライティング技術への応用方法まで、幅広く書かれており、実践に使える内容が満載です。

 

Webライティングの学習におすすめのブログ

 

Webライティングの学習におすすめのブログを紹介します。

 

マナブログ

ブロガーやYouTuberとして有名なインフルエンサーのマナブさんのブログ。

ブログやSEO、クラウドソーシングの使い方など幅広く学べます。

YouTubeチャンネルもおすすめです。

 

バズ部

ブログやSEO、ライティング技術について幅広く学べます。

特に、ブログをやる方におすすめです。

 

Webライティングの学習におすすめのTwitterアカウント

 

Webライティングの学習におすすめのTwitterアカウントを紹介します。

でも、Twitterは見出すとハマってしまうので、ほどほどに(笑)

 

とうふ@webライター3年生

Webライティングの具体的な技法や稼ぎ方について、ツイートされています。

 

ふじい編集長

ライター講師と編集者をやっている方です。

クライアント視点から見て大切なことや、ライティングの技法をツイートされています。

 

単発でも良いから稼ぐ方法【とにかく即金】

お金

 

Webライターで毎月5万円を稼げるようになるためには、ある程度の努力と一定の時間が必要になります。

しかし中には、「稼げるようになるまで時間がかかるのはわかるけど、まずはお金が欲しい」って方もいますよね。

 

そんな方に向けて、とりあえず簡単に稼げる方法をお伝えします。

それは、ポイントサイトやセルフバックを利用すること。

 

サイトを経由してネットショッピングをしたり、クレジットカードを作ったり、銀行口座を作ったりすると、それだけでポイントがもらえます。

貯まったポイントは、現金に交換可能です。

 

特におすすめなのは、無料のクレジットカードを作ること

10分程度の手間しかかからないのに、一気に数千円分のポイントを稼げます。

(短期間に申し込みし過ぎるのはNG!)

 

単発なので継続的に稼ぐことは難しいですが、そこそこ稼げます!

僕もこれまで、ポイントサイトやセルフバックで数万円以上もらったと思います。

 

ネットで稼げる」という体感をするのにもちょうど良いかと。

以下、僕が利用しているサイトを紹介します。

 

モッピー

利用者数No.1のポイントサイト。

案件の豊富さが圧倒的なので、とりあえず登録しておきましょう。

【初心者向け副業】ポイントサイト『モッピー』で効率的に稼ぐには?フリーランス月収15万目指し中のタカヤです。 ポイントサイト、使ってますか? 僕は割と有効活用できていると思います。...

 

ハピタス

こちらも大手のポイントサイトです。

モッピーもハピタスも使い方はほとんど一緒ですが、どちらかにしかない案件もあるので、どちらにも登録しておくことをおすすめします。

【ハピタス】普段通りの生活を送りながら、お小遣い稼ぎする方法旅人タカヤです。 お金がなくなったら、その時点で旅が終了してしまいます。 (無一文で旅をするような猛者もいま...

 

セルフバックについてはこちら

ポイントサイトと同じ仕組みですが、こちらは自分のブログを持っている方向けです。

【即金10万円!】『自己アフィリエイト』で稼ぐには?【誰でも簡単作業】月収15万円目指し中のタカヤです。 https://sekaihourou.com/freelance-202005 ...

 

また、Webライター以外にも副業を探している方は、こちらの記事もご覧ください。

【完全在宅でできる!】初心者におすすめの副業7選!フリーランス月収15万円目指し中のタカヤです。 本記事では、こんな声にお答えします。 最近は、「副業...

 

コンサル型オンラインサロン「文章で月5万円稼ぎ隊」メンバー募集中!

ビジネス

 

以上、「Webライターで月5万円稼ぐまでのロードマップ」でした。

本ロードマップの内容をしっかりと実行してもらえれば、3ヶ月〜6ヶ月ほどで月5万円稼げるようになるはずです。

 

しかし、中にはこんな方もいるんじゃないでしょうか?

  • 自分一人で継続した努力なんてできない
  • もっと具体的なアドバイスが欲しい
  • 自分の進み具合に合わせて、その都度やるべきことを教えて欲しい

 

そこでこの度、Webライター初心者向けのコンサル型オンラインサロン「文章で月5万円稼ぎ隊」を開設しました。

 

僕がサロンメンバーに対して、より個別性の高いアドバイスをして、「Webライティングで月5万円」を着実に稼げるようにコンサルするオンラインサロンです。

 

詳細はこちらです↓

【Webライター初心者向け】コンサル型オンラインサロン『文章で月5万円稼ぎ隊』メンバー募集中フリーランスでWebライターとして活動しているタカヤです。 Webライター初心者の皆さん、こんな悩みはありませんか? ...

 

「文章で月5万円稼ぎ隊」では、以下のようなコンテンツを用意しています。

  • サロンメンバーは質問し放題
  • それぞれの状況に合わせて、方向性をアドバイス
  • メンバー同士の交流でモチベーションのアップ
  • 週に5回、サロン内でしか読めない記事の投稿

(稼ぎ方の話やブログ技術、クラウドソーシングの使い方から、支出を抑える話やお得なライフハックまで)

 

当サロンの会費は、月額1,000円です。

1日あたりに換算すると、たったの33円。

毎日のように質問や添削をしても、値段は変わりません。

こんなに破格な値段で「コンサル+サロンメンバー限定記事」を受けられるので、かなりお得だと思います。

 

コンサル型オンラインサロン『文章で月5万円稼ぎ隊』への申し込みは、こちらから↓

サロンの詳細記事を読んだ上で、何かしらのSNSにて太田貴也までご連絡ください。

Instagram

Facebook

Twitter

 







ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。