マレーシア

マレーシアで宿に泊まる時に注意!バックパッカーを虐げる『観光税』とは?

世界放浪中のTAKAYAです。

 

少し前まで、マレーシアを旅していたのですが、マレーシアに入って驚いたことがあります。

それは、「観光税」という存在。

なんか宿泊料金が高くなるんです。最初は驚きました。

観光税とは何なのか?対策はあるのか?

自分なりに考察してみたので、解説していきます!

マレーシアの『観光税』とは?

マレーシアでは、2017年9月1日より『観光税』というものが導入されました。

マレーシア国内の宿泊施設に泊まる外国籍の旅行者に対し、1泊1室RM10が請求されます。

(2020年2月現在、RM1=約26円です)

つまり1泊あたり、260円追加で請求されるということです。

 

これって、バックパッカーにとってはけっこうきついです。

マレーシアでは、安い宿だと300円くらいで泊まれるんです。

そんな安い宿でもRM10加算されるので、1泊あたりの値段は想像の倍くらいになっちゃうんです。

高級ホテルでも、安いホステルでも、変わらずRM10…。

これだと、せっかく安い宿に泊まってもあまり安くないです。

最初は困りました。

例えば、Booking.comで宿を探すと、「追加料金が発生する場合があります」という表示が出てきます。

こんな表示が出てくるのは初めて!

そして宿のページを開き、下の方にスクロールすると、「重要情報」というところが。

ここを見ると…

宿泊料金+1泊1室RM10が請求されると書いてありますね。

けっこう重要なのに、わかりにくいところに書いてある…。

観光税を安くするための対策はあるの?

この観光税を安くするための対策を考えてみました!

ポイントは、「1泊1室RM10」というところ。

 

この対策方法は、二人以上で旅している時のみ使えます。

安宿といえば、ドミトリーが多いんですが、ドミトリーに二人で泊まると2室と計算されてしまうのでは?

そうなると、RM20請求されます。

 

しかし、個室に泊まるとRM10のみ

宿を探して、ドミトリーより個室の方がちょっと高くても、個室に泊まった方が安くなる場合があるのです。

僕たちは夫婦で二人旅なので、以上の理由からマレーシアでは個室を選んで泊まっていました。

実際に宿泊してみました。

それでは、実際に宿泊してどうだったのかレポートしていきます。

 

最初に結果を書いておくと、「二人以上の時はできるだけ個室に泊まった方がいいけど、よくわからない」ということです。

長期滞在する場合は、実際に少しずつ何箇所か泊まってみて、観光税がどれくらいかかるのかをチェックした方が良さそうです。

ドミトリーに泊まった場合

マレーシアに来て、一番最初に泊まった時は『観光税』についてあまり知らなかったので、ドミトリーに泊まってしまいました。

クアラルンプールでほぼ最安値の宿に泊まり、2泊二人で1,500円程でした。

しかしチェックイン時に、実際に請求された額は約2,600円

ドミトリーの場合、ベッド=1室とみなされるため、2ベッド=2室

2泊でRM40も増えてしまうのです。

1泊1人あたり700円近くかかっていることになります。

1泊700円も出せば、他の東南アジア諸国ではけっこう良い部屋に泊まれると思います。

 

これ以降、マレーシアではドミトリーに泊まることはありませんでした。

個室に泊まった場合

その次からは、個室に泊まってみました。

すると、やはり予想通り1泊あたりRM10のみの請求になりました。

 

しかし、色々な宿に泊まった結果、結局はよくわからなくなりました。

ある宿では観光税が請求されず、ある宿では想定通りRM10請求され、ある宿では最初の1泊のみRM10が請求されました。(2泊目以降は請求されず)

どうやら、宿泊料金に観光税を含んでいる宿もあるようです。

マレーシアの『観光税』まとめ

こうして、結果「二人以上の場合は、個室に泊まるのが無難だけど、宿によって違う」という結論に至りました。

ノマドやバックパッカーで長期滞在する方は、試しに色々な宿に1泊〜2泊してみて、観光税が請求されない宿を見つけるのがベストです!

 

一見、宿泊料金が他の東南アジア諸国より高く見えがちなマレーシアですが、観光税がかからず安い宿もあります。

 

物価も安く、食べ物が美味しいマレーシアを楽しむために良い宿を見つけてみましょう!

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!