海外でよく見かける雑貨店『メイソウ』(MINISO)って何者⁈

旅のエピソード

世界放浪中のTAKAYAです。

 

世界を旅している中で、どうしても気になるお店があります。

それは、『メイソウ』(MINISO)というお店。

ダイソーと無印良品とユニクロを掛け合わせたようなロゴで、明らかにパクリっぽいお店です。

しかし、世界中で見かけるので、これはかなり気になります。

TAKAYA
TAKAYA

ちょっと行ってきたので、レポートしていきますー!

世界中で人気急上昇!『メイソウ』

僕がメイソウを知ったのは、今回の世界放浪の旅に出てから。

最初は、「たまに見かけるな〜。パクリっぽいな〜」なんて思いながらも流していました。

しかし、けっこうどの国に行っても見かけるので、さすがに気になってきました。

「メイソウ」って何者なんでしょうか?

 

キャッチコピーは、「今の生活が好き!だから名創優品」

見た目は、ダイソーと無印良品とユニクロあたりを掛け合わせたような雑貨店です。

安い雑貨を販売しており、日本っぽさを一面に出しているのが特徴。

しかし、ちょっとおかしい日本語が各所に見られます。

日本企業?中国企業?

日本企業」というのを前面に押し出したいため、日本にも首都圏を中心に数店舗出店しています。

しかし、実態は中国の企業が運営していて、日本人は知らない人が多いと思います。

それでも世界中に店舗を拡大していて、ヨーロッパや中東、アジア、北米、南米等本当に世界各地にあります。

もちろん中国には、たくさんの店舗があるようです。

店舗数が急激に増えているので、今後もさらに増えていくと思われます。

パクリっぽいのに、本家のダイソーや無印、ユニクロを越える勢いなんですね〜。

メイソウでは、「三宅順也さん」というデザイナーの方が前面に出ていて、創業者の一人のような感じで紹介されていますが、実態は謎に包まれています。

三宅さんが本当に関わっているのかも謎。

 

パクリ企業として、日本では批判されたこともあるようですが、現在では世界展開がすご過ぎて、認めざるを得ないという感じでしょうか。

世界では、メイソウを日本企業として認識している消費者が多いそうです。

実際に行ってきました!

ということで、実際にメイソウへ行ってみました。

何店舗か入ったことはあるのですが、こちらの写真の店舗は、カンボジアのシェムリアップにある店舗です。

 

けっこう客入りがあり、栄えている印象です。

どこからどう見ても、日本人以外の人からしたら日本企業に見えます。

どんな品揃え?

品揃えの印象は、「カワイイもの」や「便利なもの」が多いと感じました。

キャラクター物が目立つところに置かれていて、女子高生なんかが好きそうなラインナップが多いです。

「カワイイ」とか「便利」って、日本っぽさを感じます。

海外では、こういうお店が少ないんですよね〜

ちなみに、ほとんどの商品には日本語で説明書きがされています。

日本感」を打ち出すためでしょう。戦略ですね。

日本人としては、日本語があれば便利で助かりますが。

値段帯は、200円〜500円くらいのものが多いです。

安いのか高いのか、微妙にわからないくらいの値段。

今の生活が好き!だから名創優品

これもちょっと何言ってるかよくわからないですね。

店内を見渡すと、微妙に変な日本語が使われている商品があったりするので、そういうのを探すのも面白いです。

文房具やアクセサリー、トラベルグッズ、小物雑貨、キャラクター物等があり、幅広い品揃え。

何か必要な物があれば、メイソウで買えるかもしれません。

もはや日本企業を越える勢いのメイソウ

店頭にも「Japanese Designer Brand」と表記されています。

実態は謎ですが…。

 

日本では、「メイソウ」の認知が低いですが、海外での認知度は凄まじいと思います!

海外にも「ダイソー」や「無印良品」、「ユニクロ」はありますが、店舗数が圧倒的に「メイソウ」の方が多い。

もはやパクリ企業としての域を越えています。

 

海外旅行に行ったら、メイソウを見かけることが多いと思います。

ある意味面白い店なので、興味のある方は行ってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました