ミュンヘンに行ったら必須!名物の白ソーセージと白ビールは味わうべき。

ドイツ 

ドイツの観光都市ミュンヘン。

美しい石造りの建物オシャレな街並み城、教会など様々な観光がありますよね。

世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」でも有名。

ヨーロッパの中でも、よりヨーロッパらしさを感じることのできる街だと思います。

 

が!!

 

個人的に、ミュンヘンで一番やるべきことは

【白ビールを飲み、白ソーセージを食べる】

 

これに尽きます。

これだけやれば、最悪帰ってもらっても大丈夫です。

なので、白ビールと白ソーセージだけは忘れないで頂きたい!

 

という訳で、ミュンヘンで僕がハマりにハマった

  • 白ビール=ヴァイツェン
  • 白ソーセージ=ヴァイスヴルスト

について紹介していこうと思います!

最高の組み合わせ。白ビールと白ソーセージ

ミュンヘンでは、朝食白ソーセージを食べ、白ビールを飲むのが伝統的な慣習だそうです。

朝からビールなんて、さすがビール大国!

日本人からすると、かなり優雅な朝食ですよね。

 

それにしても、ビールとソーセージって、最高の組み合わせだと思いませんか?

どちらかだけでも十分美味しいけれど、両方を合わせることで、お互いの力を150%発揮できるようなもの。

 

ドイツ全体的に、ビールとソーセージは有名ですが、ミュンヘンはその中でも白ビール×白ソーセージ

でもそもそも、「白ビールのヴァイツェン」「白ソーセージのヴァイスヴルスト」についてよくわからないって方もいるのではないでしょうか?

 

以下、それぞれ簡単に説明していきますね。

白ビール【ヴァイツェン】とは?

【Weizen】ヴァイツェン

この文字を見つけたら、それが白ビールのヴァイツェンです。

ちなみにヴァイス」はドイツ語で「」という意味。

 

南ドイツ地方の伝統的なビールです。

明るくて薄い色のため、白ビールと呼ばれています。

最近は、日本でもクラフトビールでヴァイツェンを見かけますね!

これが本当に美味しいんです。

 

特に、ビールの苦味が苦手な人やフルーティー系ビールが好きな人におすすめ!

バナナのような風味が抜けていきます。

そこにビール特有の苦味はほとんどありません。

 

いつも甘い系のお酒ばっかり飲んでいる妻でも、気に入って飲んでいました。

 

ちなみに、僕が一番好きなビール【ヒューガルデンホワイト】(ベルギー産)も白ビールです。

ベルギーも白ビールが有名ですよ!

白ソーセージ【ヴァイスヴルスト】とは?

【Weisswurst】ヴァイスヴルスト

ミュンヘンで絶対に食べて欲しい白ソーセージです。

これがもう絶品!!

 

注文すると、ボウルに入ったお湯に浮かんだ状態で出てきます。

そして外側の皮をナイフとフォークで外してから食べます。

 

ちょっと独特な食べ方ですね。

興味本位で皮を食べてみたのですが、全然噛みきれませんでした(笑)

 

この白ソーセージは、今まで食べていたソーセージとは一線を画してきます。

なんといっても、ふわふわな食感がたまりません。

こんなふわふわなソーセージを食べるのは人生初!

ハーブのような香りが鼻に抜けていきます。

 

そして、一緒にプレッツェルを食べるのも定番です。

どのお店に行っても、プレッツェルが近くで売られています。

ビアホール等に行くと、プレッツェル売りが席を周って、売り歩いているところもありますよ!

白ソーセージ【ヴァイスヴルスト】の注意点!

この白ソーセージ、注意点が一つあります!

白ソーセージは伝統的に、午前中に食べるものとされています。

基本的には12時の正午まで!

 

なぜなら、ヴァイスヴルストは傷みやすいため。

早朝に準備をして、朝食〜昼食までには食べるそうです。

「ソーセージは教会の正午の鐘を聞くことを許されない」ということわざもあるほど。

 

最近は、技術の発達によって、午後や夜になっても提供している店も多くありますが、午前中に行った方がベストです。

ここはドイツ人流に、朝食に白ソーセージと白ビールでいきましょう!

ミュンヘンでオススメのお店はこちら。

この白ソーセージと白ビールはどこで味わえるのか、気になってきましたよね?

それでは、実際にミュンヘンで僕が行った2軒のお店を紹介していきます!

Hofbräuhaus【ホフブロイハウス】

かなり有名なビアホールです。

ワイワイ、ガヤガヤまさにビアホールという空間。

これぞドイツの酒場!」っていうイメージです。

店内ではバンド演奏をしているので、賑やか。

 

相席は当たり前、というより席を探して勝手に座ります。

そして席に着くと、忙しそうな店員を呼び止めて注文します。

 

隣の席の人と仲良くなったり、演奏を聴いたり、大きなジョッキで乾杯したり、ドイツらしさを味わえる場所だと思います。

Schneider Bräuhaus【シュナイダー・ブロイハウス】

ここでは、伝統を守り白ソーセージの提供は正午の12時まで。

僕たちは12時過ぎに行ってしまったので、ソーセージは食べられませんでした。

ですがビールは美味しかったです!

マリエン広場のすぐ近くなので観光ついでにも寄りやすい。

日本語メニューも置いてあったのが助かりました。

最後に

僕たちが行った有名店はこの二つですが、白ソーセージを気に入り過ぎたので中央駅内にあるレストラン等でも食べました。

 

ミュンヘン中央駅内でも何箇所か、白ソーセージを食べられる場所があります。

食べ逃した方は中央駅でどうぞ。

駅構内のレストランや軽食スタンドで売っています。

 

人気店じゃなくても、充分美味しいですよ!

 

白ビールも、ミュンヘン市内でビールを置いている店であれば、だいたいどこにでもあったと思います。

 

是非、白ビールと白ソーセージを味わい、ミュンヘンを楽しんでください。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました