【旅中の洗濯ってどうする?】実際に使っている便利な洗濯グッズを紹介!

旅のアイテム

世界放浪中のTAKAYAです。

 

長期の旅に出る前、悩むことの一つに「旅中の洗濯」がありました。

旅に出て、実際に生活していくと慣れるのですが、基本的には洗濯機や洗濯物干しのない生活です。

 

普段の生活とは、洗濯の仕方も変わってくるため、やり方を考えなければいけません。

旅に出る前の準備期間に色々と調べ、旅用の洗濯グッズを購入しました。

 

今回は、旅中に活躍する洗濯アイテムを紹介していきます!

旅中の洗濯方法

まず、旅中はどうやって洗濯をするのか。

基本的には手洗いです。

 

たまに洗濯機のある宿に泊まることもありますが、ない宿の方が多いです。

洗濯機を使うと、便利さに驚きます(笑)

 

そして、洗った洗濯物を干す場所もないことが多いです。

干すのは、ドミトリーに泊まった場合、ベッド周り。

 

日本に一時帰国する度に、「洗濯ってこんなに楽なのか」と思います。

旅中はその生活に慣れているので普通なんですが、改めて洗濯機や物干しの有り難みを感じています。

旅中に大活躍している3つの洗濯グッズ!

僕が旅中の洗濯グッズとして買ったものは、3つあります!

全て買って正解でした。

 

以下、それぞれ紹介していきますね。

スクラバウォッシュバッグ

これ、旅人やキャンパーの間では有名だと思います。

世界最小の洗濯機」という謳い文句のスクラバウォッシュバッグ

 

値段は6000円以上する代物。

ですが、それだけの価値はあると思います!

 

使い方は簡単です。

  1. 服と水、洗剤を入れる。
  2. バッグの口をクルクルして止める。
  3. バルブから空気を抜く。
  4. バッグの内側に付いている洗濯板で洗う。
  5. 水を入れてすすぐ。
  6. 干す

以上で終了。

袋の外側にも、使い方がわかりやすい絵で書いてあるので安心です。

 

すごいところは、本当に軽くてコンパクトなところ。

重さは140gで、小さくまとまる素材なので、バックパックの中に入れてても全く邪魔になりません!

災害時や出張時にも使えるので、旅人じゃなくても持っておくと便利だと思います。

折りたたみハンガー

洗濯した後の服を乾かすのにも、ハンガーがあった方が便利です。

折りたたみハンガーなら、普通のハンガーの1/4くらいのサイズになります!

これなら荷物にもなりません。

しかも安い!

5本入りくらいで500円ほどで買えます。

楽天市場などで探すと、たくさんの種類があるので探してみてください!

洗濯ロープ

旅では、物干しが基本的にないため、服を乾かす場所と言えばベッド周り。

ベッドの柵にそのまま干す人も多いですが、洗濯ロープを使った方が確実に乾きが良いです!

洗濯した翌日の朝に、宿を出ないといけない日なんかは特に、できるだけ早く乾いて欲しいですよね。

 

また、ベッド周りに洗濯物を吊るすことで、カーテン代わりにもなるので一石二鳥。

ドミトリーの宿に着いたら、とりあえず洗濯ロープを張るのが日課になっています(笑)

僕が使っている洗濯ロープは、伸縮自在の素材なので、ちょっと遠くを繋ぐ時でも使えます。

ピンチも付いているので、靴下やタオルを干すのにも便利ですよ!

 

洗濯ロープも、ネットで探すとたくさんの種類が出てきます。

だいたい500円〜1000円くらいなので安いと思います。

自分に合ったのを見つけてみてください!

最後に

長期の旅に出るということは、旅が日常になるということです。

その日常生活が快適に過ごせると、旅自体ももっと楽しくなると思います!

 

是非、自分に合った洗濯グッズをゲットして、快適な旅にしていきましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました