ミャンマー

【ミャンマーの文化】噛みタバコ『キンマ』に挑戦してみた!

東南アジア放浪中のタカヤです。

 

ミャンマーに行って、街行く人々を観察していると、「えっ?」ってなることがあります。

タカヤ
タカヤ
ミャンマー人、唾吐き過ぎ!

というか、唾が赤い

道が赤く染まってるところがよくある!

 

その秘密は、噛みタバコ」とも言われるキンマという嗜好品。

今回、ミャンマーで挑戦してきました。

「キンマ」とは何なのか?どんな味なのか?どうやって使うのか?

この辺りをレポートしていきます!

「キンマ」とは?

「キンマ」とは、ビンロウという植物に石灰を塗ったものです。

口に入れて、噛み砕くと清涼感が広がり、お酒を飲んだ時のような高揚感を得られる嗜好品。

噛むと、唾が大量に出てきて、かつビンロウの赤い色に染まります。

そして、その唾は全て吐き出さなければいけません。

飲み込んでしまうと、胃を痛めてしまうそう。

 

ミャンマー以外でも使用されていて、インド等の南アジア、東南アジア、オセアニアの島々、台湾でも同じような嗜好品が存在します。

 

ミャンマーでは主におじさんがやっています。タクシードライバーとか。

最近の若者は、敬遠する人も多いそう。

道路に唾を吐くから汚かったり、健康面での害が多かったりと、デメリットが多いから。

健康面の害としては、

  • 発がん成分があるので口腔ガンになりやすい。
  • 依存性があって、やめられなくなる。
  • 歯が赤く色素沈着する。
  • 歯がボロボロになる。

などがあります。

実際ミャンマーを旅していると、キンマをやっている人は一発でわかります。

歯が赤く染まっていて、本当にボロボロだから。

 

体に悪いと分かっていてもやめられない。

お酒やタバコと一緒で、嗜好品ってそういうもんですよね。

 

ミャンマーでは、そこら中にキンマを売っている屋台があります。

日本のコンビニの数より多いかも!

歩くと、またキンマの店。そしてまたキンマの店。

特に都市部では、ものすごい数の屋台が営業しています。

実際にキンマをやってみた!

ミャンマーの文化として、キンマは気になります。

実際どういうものなのか。どんな味なのか。

ちなみに、僕は人生で一度もタバコを吸ったことはありません。

ですが、キンマという存在が気になり過ぎるので、一度だけ試してみることにします。

キンマを買う。

まずはキンマを買いに行きます。

買いに行くと言っても、どこにでもあるので苦労はしません。

こんな感じの簡易的な屋台。

キンマの仕込み作業をしています。

数あるキンマショップの中でも、割と人気そうなところにしました。

何人か買ってる人がいる店。

店員に「これくれ〜!」と言うと、「ティッシュ?」と店頭に置いてあるポケットティッシュのことかと思われました(笑)

いや、違う違う!こっち!

 

多分、外国人がキンマを買うのは珍しいんでしょう。

値段を聞くと、1つ100チャットとのこと。

安いっ!!1個8円くらいですよ。

こんな安かったら、そりゃ好きな人はなかなか止められませんね。

キンマに挑戦!

無事にキンマを購入。

葉っぱの中に何か色々入ってます。

これをこのまま口に入れて、噛むんです。

僕が調べたところ、これは2~3回噛んだら、あとはそのまま口の中に置いとくそうです。

ネットで日本人がキンマに挑戦したブログとかを見てると、「まずかった!」という意見が多かったです。

タカヤ
タカヤ
きっとまずいんだろうな〜

パクっ!

噛む。

 

タカヤ
タカヤ
…あれ、そんなにまずくない

3回くらい噛んで、そのまま放置しておくと、じわ〜っと爽やかな香りが広がります。

でも、特に美味しいという訳ではない。まずくもないけど。

 

ちょっとミントに似てる気もします。

僕はミントとかの爽やか香草系がけっこう好きなので、まずく感じないのかもしれません。

 

そして、だんだんと唾液が増えてきます。

それを吐き出してみると、真っ赤

口に入れてる間は、喋りにくいです。

また、特に高揚感は感じません。

 

しばらく口の中に置いておいて、もういいかな〜と思ったところで全部出して捨てます。

そして、持っていた水でうがいをします。

なんせ、体に入ったら胃を痛めるそうなので。

 

吐き出した後も、口の中は爽やかな感じがします。

キンマをやった感想

キンマは、特にまずくはありませんでした!

しかし、体に害があり過ぎるので、もうすることはないと思います。

 

そして、「高揚感」をちょっと楽しみにしていたんですが、全く感じませんでした。

ビール1杯では酔わないように、キンマ1個ではそんな感じないんですかね?

 

政府は観光地化を進めるにあたって、道路が汚くなるのでキンマを減らしたいそうです。

確かにデメリットだらけに見えるキンマですが、街角で無数に見かけるキンマ屋台キンマを嗜むおじちゃん達、そして笑った時に見えるボロボロの赤い歯、これがミャンマーっぽさや異国感を感じる要素の一つです。

 

特におすすめする訳ではありませんが、『日本にはない文化として面白いな〜』と思います!

ミャンマーに行ったら、そんな一風変わった光景を見てみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ヤンゴンのディープスポット、集めました。

【詐欺・ぼったくり多発地帯】ヤンゴンの貧困地区ダラに行ってきた。東南アジア放浪中のタカヤです。 ミャンマー最大の都市、ヤンゴンは活気があって、思ってる以上に都会。 新しい建物も増え...
【麻薬大国ミャンマー】ヤンゴンの「麻薬撲滅博物館」に行ってみた。東南アジアの秘境「ミャンマー」を放浪中のタカヤです。 ヤンゴン最大の都市ヤンゴンには、一風変わった博物館があります。 ...
【ヤンゴン】有名キャラ勢揃いの遊園地「ハッピーワールド&ハッピーゾーン」東南アジア周遊中のタカヤです。 ついにミャンマーまでやってきました。 東南アジアの中では、ちょっと秘境というか、未知な感じが...
ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!