あの映画の舞台!ヘルシンキの日本食レストラン「かもめ食堂」

世界の日本食レポ

世界放浪中のTAKAYAです。

 

皆さん、映画「かもめ食堂って見たことありますか?

2006年に公開された映画で、小林聡美さん・片桐はいりさん・もたいまさこさんの三人が主演しています。

舞台はフィンランドの首都ヘルシンキ

ヘルシンキにある日本食レストランを舞台に、ゆったりとしたフィンランドの生活を描いている映画です。

映画はロングヒットし、現在でもヘルシンキにある、かもめ食堂関連のロケ地巡りをする日本人がたくさんいます。

 

そして、舞台となる日本食レストランは実際に存在し、営業しているのです。

今回僕は、かもめ食堂の舞台であるレストラン「Ravintola Kamome」に行ってきたので、紹介していきます。

映画のロケ地「かもめ食堂」へ

着きました。ヘルシンキのかもめ食堂。

レストランの名前は「Ravintola Kamome」

Ravintolaはフィンランド語で「レストラン」という意味。

なので、そのままかもめ食堂ですね。

 

比較的閑静な通りにあります。

かもめの看板が目印。

 

店に入ると、ここは日本かというくらい日本人が集まっています。

もはやヘルシンキ観光の王道コースでもあるので、映画を見たことがない人も来るんだと思います。

そういう僕は、ヘルシンキに行く3日前くらいに初めて見ました(笑)

(これからかもめ食堂に行くので、予習しました。)

 

店内は、映画の時の内装とは変わっています。

というのも、映画が撮影された当時のお店は「Kahvila Suomi」というお店でした。

しかし2016年にリニューアルオープンし、現在の「Ravintola Kamome」になったのです。

メニューは?食べたのはこれ!

メニューを見ると、主に日本食。そしていくつかフィンランド料理もありました。

フィンランド料理の詰め合わせもあるので、色々なフィンランド料理を食べてみたい方はそちらが良いかもしれません。

 

僕は迷わず日本食。

ですが、ここはフィンランド。けっこう物価が高いです。特に外食費

なので、日本の物価から考えるとけっこう高く感じますね。

 

味噌ラーメンを頼んだのですが、約2,000円。

今までの人生で食べたラーメンの中で、きっと一番高級です。

それくらいの値段が最安の料理くらいの感じです。

フィンランドではこれが普通。

節約バックパッカーの自分としては、少し覚悟がいりましたが、観光費だと思うことにしました。

 

ラーメン以外にも、丼ものやカレー、定食などの日本食もありました。

注文をすると、水とパン、バターがサービスで出てきました。

これはすごいですね、日本らしい気遣い。

サービスで出てきたパンも美味しかったです。

 

待っていると、ラーメンが到着。

あれ、具沢山。日本の平均的なラーメンよりも、野菜がたくさんのってます。そしてチャーシューと煮卵。

こんだけ具沢山なら、値段が高くても良いでしょう。

 

気になる味は…

「うん、美味しい!」

ちゃんと日本の味です。

僕の小さな覚悟が報われましたかね。

「Ravintola Kamome」の詳細情報

住所:Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki, フィンランド

定休日:日曜日

営業時間:

(月)〜(木) 11:00~21:00

(金)〜(土) 11:00~22:00

 

ちなみにRavintola Kamome」の横には、かもめ食堂のカフェ店舗もあります。

「ちょっとカフェで一休みしたい」という方はそちらへ行ってみてください。

「Ravintola Kamome」のまとめ

ヘルシンキにある日本食レストラン「Ravintola Kamome」のレポートでした。

映画の舞台なので、普段使いするレストランというよりは、観光でヘルシンキに行った時に行くレストランって感じですが、ちゃんと美味しい料理が食べれました。

 

かもめ食堂のイメージとラーメンの組み合わせは意外でしたが、美味しいラーメンを食べれて満足です。

映画「かもめ食堂」を見たことがない方は、是非見てみてください。

きっとヘルシンキに行ってみたくなるはず。

 

いやぁ、日本食って本当に良いもんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました