地球一周の船旅

『地球一周の船旅』ピースボートでスマホを紛失した僕の末路

世界放浪中のTAKAYAです。

 

2014年にピースボートで世界一周してきたのですが、乗船して約10日後

 

スマホを紛失しました!

しかも船の中でです。

 

船旅は105日間あるので、90日以上スマホなしの生活です。

船の中ではネットが基本的に繋がらないので、スマホを使う場面はないのですが、港に降りたらWi-Fiでスマホを使っている人が多いです。

 

そんな中、スマホをなくした僕はどんな船旅になったのか、そして船内での注意点も踏まえて書いていきます!

なぜ?どこで?スマホ紛失!

僕は、2014年の7月からピースボートに乗船しました。

↓ピースボートについてはこちらの記事より。

初めて見る景色、たくさんの出会いに、僕は浮かれていました。

 

船に乗って10日後…

「あれ、スマホがない!」

気がつくと僕のスマホはなくなっていました。

 

思い当たる場所をいくら探しても、全く見当たりません。

なくなった場所は、船内の共有スペースです。

具体的に、いつ・どのタイミングでなくなったのかはわかりませんが、それだけはわかっています。

 

スマホをなくした当初は、まだ先の長い船旅だったのでけっこうショックでした。

スマホを紛失して変わった僕の旅

スマホをなくして数日間はけっこうショックだったのですが、もうないものは仕方ありません。

こうして、僕はスマホがないまま90日以上を過ごすことになったのです。

それは、確実に僕の旅を変えてくれました。良い意味で。

スマホを紛失して良かった点

スマホをなくしてから10日後くらいには、「スマホをなくして良かったかもしれない」と思うようになりました。

 

船の中では皆スマホを使えないので、港に降りて街に着くとWi-Fiが使えるところを探す人が多いんです。

そして、そこでしばらくWi-Fiタイム

まぁ、そうなりますよね。

 

でも、ピースボートって港に降りても陸にいれる滞在時間が短いんです。

朝に港に着いて、その日の夜に出発することが多いです。

 

それなのに、Wi-Fiタイムで時間を潰してしまうのはもったいない

僕は、スマホをなくしたことで、自分の目の前のことだけに集中できるようになったのです。

もしスマホがあったら、僕もカフェでWi-Fiタイムをしてたくさんの時間を消費してしまったと思います。

 

強制的に、旅先での時間を楽しむことができるようになりました。

スマホを紛失して困った点

スマホをなくして困ったこと…

あれ、意外とないかもしれません。

 

日本にいる家族や友達と連絡が取れなくなったことくらいですかね。

ですが、長期の船旅に出ることは、周りの人に前もって言ってあるので連絡がくることもほとんどありません。

 

むしろ、スマホから解き放たれて自由になったような気さえします。

スマホを紛失した後の対処

スマホを紛失したら、いくつかやらなければいけないことがあるので、実際に僕が対処したことを書いておきます。

家族に連絡し、携帯を止めてもらう

とりあえず、携帯をストップさせないといけないですよね。

「でも、どうやって連絡するの?」って感じですが、ピースボートの船内にはFAXがあります。

なのでFAXを使って家族に連絡し、携帯を止めてもらいました。

ポリスレポートをもらう

何かしらの旅行保険に入っている人が多いと思います。

僕は、ピースボートの保険に入っていました。

帰国後に「携行品損害」として保険金の請求をするために、ポリスレポート(盗難届)をもらいます。

スマホを紛失してから、できるだけ早めにどこかの街の警察署へ行き、ポリスレポートをもらっておきましょう。

帰国後、保険会社に請求

そして船旅が終わったら、保険会社に連絡をして保険金請求をします。

携行品損害」の場合、なくした物の元々の値段から減価償却されます。

そのため、戻ってくるお金は買った時の値段より低くなります。

ピースボート船内での注意点

ピースボートでは、毎回船内でスマホや貴重品をなくす人が多いそうです。

実際、同じ船に乗っていた人の中にも、僕と同じようにスマホをなくした人がたくさんいました。

 

船のクルーは東南アジア出身の人が多く、その人たちからしたらスマホはかなりの高級品。

盗る気がなくても、いざ落ちているスマホを目にすると、そのまま持って行ってしまうかもしれません。

共有スペースで物を落とすと、戻って来ないと思った方がいいです。

色々な人が乗っているので、何が起こるかわかりません。

 

日本人が多い船内で、油断してしまいがちですが、貴重品の管理はしっかり意識しておきましょう!

 

 

→ピースボートの資料請求はこちらのバナーから

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。