【地球一周の船旅】ピースボートって? 実際に乗ってきた感想を話します。

ピースボート

世界放浪中のTAKAYAです。

 

TAKAYA
TAKAYA

突然ですが、【ピースボート】って知ってますか?

 

「あ、聞いたことある!」

「ん〜知らないかな〜」

 

色々な声が聞こえてきそうですが、

これを言うとほとんど100%の人が思い出します。

 

「よく居酒屋のトイレとかに貼ってある【地球一周の船旅】ってポスターのやつ!」

こんな雰囲気のポスター、よく貼ってありますよね?

わかりましたか??

 

そう、ちょっと怪しげなやつです。

ネット上の話では悪い噂が多いですね。

 

では実際乗ってみてどうだったのかと言うと・・・

 

 

最高に楽しかったです!!!

 

以下、ピースボートについて書いていきますね。

ピースボートって?

ピースボートとはNGO団体で、地球一周の船旅を作り上げているスタッフが所属しています。

主に、約100日間かけて船で世界を周る旅を提供しています。

 

1回の船旅に乗船する人は、約1000人

学生等の若者ばかりなのかと思いきや、そうではありません。

実は7~8割の人が、定年退職後の方々。

若者同士は、だいたい顔見知りになります。

 

世界一周する船は他にもいくつかありますが、その中で圧倒的に安く乗ることができるため、比較的若者が多く乗っています。

どんな旅行?船のルートは?

当時、金髪でした・・。

約100日間かけて世界を巡り、20カ所以上の地域に立ち寄ります。

船は1年に3回出ているので、ほとんど1年中動き続けています。

 

僕たちがピースボートに乗ったのは2014年7月〜10月第84回クルーズです。

 

その時のルートはこちらです。

横浜を出港し、

  1. ハワイ(アメリカ領)
  2. アカフトラ(エルサルバドル)
  3. コリント(ニカラグア)
  4. クリストバル(パナマ)
  5. キュラソー島(オランダ領)
  6. ベレン(ブラジル)
  7. ラス・パルマス島(スペイン領)
  8. ジブラルタル(イギリス領)
  9. バルセロナ(スペイン)
  10. カンヌ(フランス)
  11. リヴォルノ(イタリア)
  12. バレッタ(マルタ共和国)
  13. ピレウス(ギリシャ)
  14. イスタンブール(トルコ)
  15. ブルガス(ブルガリア)
  16. コンスタンツァ(ルーマニア)
  17. オデッサ(ウクライナ)
  18. ソチ(ロシア)
  19. ミコノス島(ギリシャ)
  20. アカバ(ヨルダン)
  21. サラーラ(オマーン)
  22. コロンボ(スリランカ)
  23. シンガポール
  24. シアヌークビル(カンボジア)

地球を東回りに周り、24カ所の地域に行ってきました。

 

この時の航路は北半球がメインの航路だったので、主な寄港地はヨーロッパでした。

南半球の航路の時は、主にアフリカや中南米を周るようです。

 

僕の場合、北半球に興味があったというよりは、時期的にちょうど乗れるのがこの回だったからです。

ピースボートの魅力は?

船から見た夕焼け。絶景でした。

僕が感じたピースボートの魅力は、

  • 自分で何もしなくても勝手にたくさんの国に連れて行ってくれる
  • 船上の贅沢な時間
  • 船から見える360度の水平線

です!

船はゆっくり進むので、船の中で過ごす時間が大半です。

その船での時間が特に楽しかったです。

 

著名人の方が船に乗ってきて、講演をしながら一緒に生活したり。

「自主企画」という乗船者自らが好きなことを企画できる制度があったり。

運動会や音楽フェスがあったり。

無料のレストランをハシゴしたり(笑)

居酒屋で仲良くなった友達と飲んだり。

毎日、海に沈む夕日を眺めたり。

 

贅沢で最高に楽しい時間でした!

 

【学祭】がずっと続いているようなイメージです。

毎日お祭りみたいな感じで、楽しいことが盛り沢山でした。

お金ってどれくらいかかるの?

船から見える最高の景色。

かかる費用は、その時の航路によって変わってきますが、だいたい130万円前後〜です。

僕が乗ったクルーズは、129万円でした。(窓なしの4人部屋)

これは最低ランクの部屋を選んだ場合の値段です。

 

二人部屋や一人部屋、広い部屋を希望すると200万円〜300万円ほどかかります。

若者は、たいてい最低ランクの部屋ですね。

 

 

この料金は船代で、船内の3回の食事は含まれています

宿代+食事代+交通費って感じです。

そう考えるとそんなに高くないかも?!

 

それ以外にかかる費用は、

  • 海外旅行保険
  • 現地で自分が使うお金
  • 現地でのオプショナルツアー料金
  • 船内の居酒屋や自販機、美容室、売店等で使うお金

です。

船上のデッキ。ジャグジーやプール、ジムも無料!

 

これをもし全て現金で支払いすると、けっこう高いんですが、

船に乗る前までに、決められたボランティアをすると、やった分だけ割引になるんです!

僕はけっこうボランティアをやったので、船代が110万円ほど割引になりました。

なので、僕が払った船代は20万円くらい。

あとは自分が使ったお金という感じです。

 

この割引制度がピースボートの良いところだと思います!

お金のない若者でも、頑張れば格安で世界一周できちゃうんです。

 

中には、船代を全額無料にして乗船している人もいました。

 

ボランティアと言っても、船に乗ってからは他の乗船者と何も変わりません。

部屋掃除とかをさせられる訳ではないので、安心してください!

ピースボートに乗った感想

バルセロナで浮かれている自分。

以上、ピースボートについて書いてきましたが、何より伝えたいのは【本当に楽しかった】ということ。

 

船で出会った仲間とは、その後も関係が続いています。

下船後、日本各地で散らばった仲間と再会したり、海外志向の人が多いので海外で再会なんてこともあります。

 

実際に僕たちも、世界放浪中にピースボートの仲間と再会し、一緒に旅をすることもあります。

 

何より、ピースボートで出会った人と結婚し、世界二周目の旅に出ることになるとは思いませんでした。

 

ピースボートは、ただの海外旅行じゃなく、たくさんの人との繋がりができる旅です。

確実に一生の思い出になります!

 

ピースボートに関して、気になることがあれば是非メッセージしてください。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました