【ガトンでシェアハウス探し】8軒を比較した僕が伝える見学のポイント

オーストラリア ワーホリ

夫婦でオーストラリアワーホリ中のTAKAYAです。

最近、ファームが1年中盛んなことで有名な町、ガトンに住み始めました。

現在は、シェアハウスに住んでいます。

 

家を決定する前に、僕たちは17軒のシェアハウスを見学(インスペクション)しました。

日本で家探しした時よりも、たくさん下見してます(笑)

これはちょっと多過ぎ!(笑)

TAKAYA
TAKAYA

今回は、ガトンでのシェアハウスの探し方〜見学の時のポイントをお伝えします!

ガトンでのシェアハウス探しに使ったサイト

ガトンでのシェアハウスの探し方はいくつかあります。

その中でも、僕が使ったのは「Gatton Life」というFacebookページ。

ガトンに住んでいる人が登録していて、ガトンに関する様々な情報が流れてきます。

 

ガトンでワーホリをする予定の方は、とりあえずここに参加リクエストを送っておくと良いと思います!

「Gatton Life」でシェアハウスの情報を見つけるには

Facebookページに参加したら、流れてくる空き部屋情報の投稿を見て連絡するのも良いのですが、それより簡単なのは「家を探してます!」という投稿をすること。

 

僕が「Gatton Life」のFacebookページで投稿した内容はこちら。

Hello everyone!

We’re Japanese couple.

We’re looking for a share house.

We have a car, so I need a free car parking.

If you have something informations in the Gatton, please let us know!

Thanks

車を持っているので、無料駐車場が必須だということと、日本人カップルだということを記載しました。

 

車を持っていない方は、「車がないので街の中心部やスーパーに近いところ希望」ということも記載しておくと良いでしょう。

 

投稿すると、数時間の間にたくさんのシェアハウスオーナーから連絡が来ます。

その数、10軒ほど

そこから、メッセージでやり取りをして、その時点で条件に合わないところは外しました。

そして、8軒の下見をすることになったのです。

「Gatton Life」以外でシェアハウスを探すには

Gatton Life」以外にも、シェアハウスを探す方法はいくつもあります。

主な探し方は、以下の方法があります。

 

  • スーパーの掲示板で探す

→スーパーのノーティスボードには「仕事募集」「シェアメイト募集」「車の売買情報」などローカルな情報の張り紙がしてあります。

そこで気になる情報があれば、書いてある連絡先に連絡するというものです。

Gatton内では、「スーパーIGA」の掲示板に、たくさんのシェアメイト募集の張り紙がしてありました。

張り紙をした日が最近の人に連絡すると、返信率が高いと思います。

  • 「Gumtree」で探す

オーストラリアで何か探す時には、とりあえずガムツリーですね。

僕は今回は使ってませんが、シェアメイト募集の情報も流れています。

見学前に確認しておくこと

シェアハウスの家主と連絡が取れたら、実際に見学をする前に確認しておきたいことがいくつかあります。

 

条件は人によって違うと思いますが、僕の場合は以下のことを確認していました。

  • レント代

→1週間1人当たりの値段。

  • ボンド代

→保証金。基本的にトラブルなく過ごせば、家を出るときに帰ってくるお金。

  • 無料駐車場はあるか
  • 「unlimited Wi-Fi」はあるか
  • 場所はどこか
  • オウンルーム(個室)か

 

最低限、以上のことを事前に聞いていました。

ここでレントが高過ぎたり、条件に合わないシェアハウスは断っておきます。

見学時にチェックする項目はこちら!

そして見学当日。

以下のことをチェックしておきましょう!

 

  • ノーティスは何日前か

退去前の告知義務。期間が短ければ短いほど、自由が利きますね。2週間前ノーティスのところが多いと思います。

  • Wi-Fiは使えるか、無制限か。

→僕は下見時にできるだけWi-Fiに繋がせてもらい、チェックしていました。

  • スマホの電波状況はどうか。
  • 鍵はもらえるか
  • 無料駐車場はあるか
  • 電気代、水道代、税金、Wi-Fi代などは全てレントに含まれているか。レント以外の支払いはないか。
  • ハウスルールはあるか

→たまに、シャワーを使える時間やキッチンを使える時間など、細かいルールのある家もあります。

  • トイレとシャワーは分かれているか。何個あるか。

→住んでいる人数とトイレ/シャワーの数の割合は適正か

  • 現在、何人住んでいるか。
  • 最大で何人住むか。
  • 現在住んでいる人の国籍は?
  • ファームで働いている人はいるか。

→ファーム仕事情報の交換ができます!

  • 水回り、キッチン、共有スペースは綺麗か
  • 洗濯物を干す場所はあるか。
  • 洗濯機は1週間に何回使っても良いか。

→大抵のところが週に2~3回でした。

  • 農作業で汚れた服は、どこで洗うか。
  • 寝具は用意してもらえるか。
  • 冷蔵庫、棚、食器、調理器具、設備はどれくらい使用可能か。

 

1軒の下見は、だいたい15分程度で終わりました。

見学が終わったらやるべきこと。

何軒か家を見る場合、見学が終わったら「後でメッセージを送ります」と言ってその場は終了します。

もちろん、最高な家だったらその場で決めるのも良し!

 

そして、後々比較できるように、チェックしてきたことをノートかスマホにまとめておくと便利です。

僕たちが今のシェアハウスを選んだ理由

僕たちは、ガトンで8軒の家を見学し、現在住んでいる家に決めました。

ガトンに来るまでは、車中泊をしながらラウンドしていたので、正直なところ「家」というだけで車中泊より快適なのは間違いないので、どこも良さそうに思えました。

 

しかし、その中でも今のシェアハウスが一番良さそうだと思い、決めました。

今住んでいるシェアハウスの環境

まず、今住んでいるシェアハウスの環境を書いていきます。

  • レント1人100ドル
  • ボンド1人100ドル
  • これ以外の支払いはなし。
  • unlimited Wi-Fi付き
  • 無料駐車場あり。
  • 台湾人3人、イタリア人1人が住んでいる。
  • 居住人数は最大6人
  • 皆、ファームで働いている。
  • 洗濯機は毎日使用可能
  • 2週間前ノーティス
  • 1人ずつ家の鍵をもらえる
  • シャワー1つ、トイレ1つ。セパレート
  • 庭で洗濯物を干せる。
  • 共有スペースが広い

比較!迷った他のシェアハウスの環境

比較として、他のシェアハウスの環境も書いておきます!

今のシェアハウスと一番迷った家

ここと今のシェアハウスで、どちらにするかが一番迷いました。

とにかく安くて、過ごしやすそうというのがポイントです。

  • レント1人80ドル
  • ボンド無し
  • これ以外の支払いはなし
  • unlimited Wi-Fi付き
  • 無料駐車場あり
  • オーナー夫婦(インド人の奥さん)と中国人2人が住んでいる。
  • 居住人数は最大6人(オーナー夫妻含めて)
  • 洗濯機は週に3回まで使用可能
  • 1週間前ノーティス
  • 家の鍵をもらえる
  • シャワー1つ、トイレ1つ。セパレート
  • 庭に洗濯物を干すスペースがある。
  • 部屋に冷蔵庫が付いている

ノーティス期間が短く、レントが安いのに綺麗で快適そうな家でした。

しかしファーム情報は得にくいかも、と感じました。

日本人だらけの家

ここは日本人が3人住んでいて、オーナーの女性はラグビーファームで働いているというのがポイント。

  • レント1人90ドル
  • ボンド無し
  • 無料駐車場あり
  • unlimited Wi-Fi付き
  • 洗濯機は週に3回使用可能
  • 2週間前ノーティス
  • ラグビーファームで働くオーナーとその子ども、日本人男性が3人住んでいる。
  • 最大居住人数は、合計7人
  • 街中にあり、スーパーや中心部まで徒歩圏内
  • トイレ2つ、シャワー1つ(トイレ1つはシャワーと同じ)
  • 鍵はなし。裏口から出入りする。
  • 共有スペースはほとんどなし。

共有スペースがないので、住人間の交流があまりなさそうでした。

静かで快適には過ごせそうだけど、情報を得たり交流する場面があまりないかも、と感じました。

僕たちのシェアハウスの決め手はこれ!

8軒の下見をして、僕も妻もこの家が一番良さそうということでまとまりました。

先述したように、車中泊生活と比べるとどの家も良さそうに感じたのですが、いくつかの決め手があります!

 

  • 一番は直感です!(笑)

→適度に交流がありそうで、自分たちが楽しく住む想像ができました。

  • ワーホリの台湾人が3人住んでいる!

→ガトンのファーマーで一番情報を持っているのは、台湾人!

  • 共有スペースが広くて、過ごしやすそう。

→部屋の外でもゆっくり過ごしたり、シェアメイトと交流しやすそうな環境でした。

  • シェアハウスの連絡をくれた人が、話しやすそうだった。
  • 洗濯機毎日使用OK

 

ガトンに来た目的は、ファームで働くことなので「仕事情報を得られそうな環境」というのを一番重要視していました。

実際に今のシェアハウスに住んだ感想

実際に、決めたシェアハウスに住んでどうだったのかを書いていきます。

 

まず一番大切な「仕事情報を得られるか」というところ。

シェアメイトに「今日アプライしに行ったけど、まだ仕事見つかってないんだー」と言うと、すかさずファーム情報を教えてくれました

 

自分たちでは知り得なかった情報を教えてくれて、とても助かりました。

 

そして、皆親切でちょうど良いフレンドリーさ。

あと、洗濯機を毎日使えるのはかなり助かりますね。

回数の制限があるところが多いので。

 

住んでからの誤算は、部屋が寒いこと!

日光があまり入らない位置にあるため、昼間でもちょっと寒いです。

 

そして、部屋が通りから丸見えなので、常にカーテンを閉めておかなければいけないこと。

 

気になる方は、下見の時に日当たりや部屋の位置もチェックしておくと良いと思います!

 

ですが、トータルで見ると自分たちに合った良い家に住めたなと感じています。

ガトンで8軒シェアハウスの見学をして感じたこと。

ガトンでシェアハウスを8軒見学しましたが、全体的に安くてクオリティの高い家が多かったのが印象的です。

どこもWi-Fi無制限でした。

 

レントの相場は、100ドルくらいだと思います!

100ドルを下回るところは安く、100ドルを超えるとちょっと高いかなと感じていました。

僕たちが見た家の中では、レント80ドルが最安値。

 

1日に4軒ずつ、2日間かけて下見をしました。

それぞれの家に良いところがあり、見学していて楽しかったです。

 

ガトンでのシェアハウス探しをする方は、是非この記事を参考にしてもらえたらと思います。

 

ガトンでファームジョブを探している方は、こちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました