海外で2回もリクルートカードの旅行保険を使ってきた。

クレジットカード

海外放浪中のTAKAYAです。

TAKAYA
TAKAYA

皆さんは海外旅行に行く時、旅行保険入ってますか?

僕はクレジットカード付帯の旅行保険を使うことが多いです。

そうすると、有料の保険に入らなくても済むので、かなりの節約になるんですよね。

今回は、オーストラリアのラウンド中に2回もリクルートカード付帯の海外旅行保険を使ったので、使い方等を書いていきます。

 

これから海外旅行に行くけど、まだ旅行保険に入ってないという方リクルートカードを持ってるけど、ちょっと不安な方は読んでいってください!

リクルートカードで海外旅行保険を使うには?

まずはリクルートカードを作らないといけませんね。

年会費無料のカードなので、作って損になることはありません。

とりあえず、旅に出る前に受け取れるように余裕を持って申し込みしておきましょう!

 

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は「自動付帯」と「利用付帯」の2種類に別れています。

 

「自動付帯」はそのカードを所持しているだけで、日本出国後3ヶ月間保険に自動的に加入できるというもの。

 

「利用付帯」はそのカードで、旅行に関する公共交通機関やツアー代等の支払いをすることで、3ヶ月間保険に加入できるというもの。

 

リクルートカードは「利用付帯」のカードです。

なので、事前に利用していないと保険は有効になりません。注意しましょう!

海外旅行保険の補償内容

リクルートカード付帯の補償内容はこちらです。

傷害死亡・後遺障害  最高2000万円
傷害治療       100万円
疾病治療       100万円
携行品損害      1旅行につき20万円(保険期間中100万円) 
賠償責任       2000万円
救済者費用      100万円      

リクルートカード付帯海外旅行保険のメリット

メリットはやはり「無料」だということ。

 

そして実は、カードの2枚持ちもできるんです!

VISA orマスターが1枚とJCB1枚を持つことができます。

2枚持ちをすると何が良いかというと、補償額の合算ができるんです!

 

つまり、上に記載した金額が倍になります。(傷害死亡・後遺障害以外)

どちらのカードも利用付帯を発動させないといけませんが、これだとけっこう安心ですよね。

リクルートカード付帯海外旅行保険のデメリット

デメリットというと、カード1枚では補償金額があまり高くないということ。

 

なんですが実は自分自身、1枚しかカードを持っていません(笑)

カードを作るタイミングを逃してしまいました。

もし旅を始める前に戻ったら、間違いなくもう1枚リクルートカードを作ってます。

 

また、再度になりますが海外旅行保険の適用条件が「利用付帯」なので、事前に利用することを忘れないでくださいね。

オーストラリアで病院へ。海外旅行保険を使った話その①

オーストラリアラウンド中のことです。

ちょっとした病気になってしまったので、病院に行くことにしたのです。

 

シドニーに日本語対応の病院があったので、そちらに行くことにしました。

保険会社に連絡すると、「診断書」や「領収書」等の書類を提出して欲しいとのこと。

 

僕の場合、「保険金が受け取れるという判定」がされるまで少し時間はかかりましたが、無事に保険金を受け取ることができました!

診療費、薬代、そして交通費までもらえました。

交通手段が車でも、「〜から〜病院まで」と記入してガソリン代をもらうことができました。

受け取った金額は、4万2000円。

治療費のほとんど全てが返ってきました!

 

これがもし保険なしだったと思うとゾッとします・・・。

 

病気の症状によっては、立て替えなしで診療できる病院もあるみたいです。

本当に助かりました。

オーストラリアで盗難に!海外旅行保険を使った話その②

できれば海外旅行保険なんて、使うことはない方が良いのですが・・・。

またしてもオーストラリアで使いました!(笑)

 

今度は、ウルル(エアーズロック)で車上荒らしに遭い、携行品損害の保険金請求をさせてもらうことになりました。

 

何個か物を盗まれたので、またしてもリクルートカードの保険会社に電話をします。

 

そして「盗まれた物や状況についての書類」「ポリスレポート」「盗まれた物のレシート」等を提出するよう言われます。

 

書類は日本の実家に送ってもらいました。

 

「ポリスレポート」は盗難届のことで、現地の警察署でもらうことができます。

 

「盗まれた物のレシート」なんて、とってありません・・・。

しかしその場合は、何か値段が分かるものを添付して欲しいとのことだったので、ネットで調べ、スクリーンショットした写真を現像して添付しておきました。

 

結果、自己負担金3000円減価償却(購入より年10%引きが目安)が引かれた金額が口座に入ってきました。

 

その金額は2万2000円。

これも本当に助かりました!

 

割られた窓ガラス代は補償の対象外だったというのが、痛かったですが・・・。

リクルートカード海外旅行保険のまとめ

今回、海外で少しトラブルに遭いましたが、リクルートカード付帯の海外旅行保険のおかげで助かりました!

 

まさか3ヶ月の間に2回も使うことになるとは・・・。

 

そして「疾病治療」と「携行品損害」の補償を無事受け取ることができました。

これ以上、海外旅行保険を使う機会がないことを願っています(笑)

 

本来は、お金を払って海外旅行保険に入っておくのが一般的かもしれませんが、こういう節約の仕方もあります!

 

リクルートカードに関しては、持っておいて損することは絶対にないと思うので、オススメのカードです!

リクルートカードの公式ホームページはこちら

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました