ベトナム

【ベトナム最狂のテーマパーク】スイティエン公園が面白い!

夫婦で世界放浪中のTAKAYAです。

 

ついに行ってきました、スイティエン公園

ここ、ずっと前から行きたかった場所なんです!

かなりシュールで、カオスで、面白いテーマパークなので、レポートしていきます。

ベトナムのホーチミン旅行では、外せないスポットですよ!

【奇界遺産】スイティエン公園とは?

これ、この写真。

見たことありませんか?

 

そう、クレイジージャーニー等で有名な佐藤健寿さん「奇界遺産」という本の表紙になったことで知られています。

世界各地の奇妙なものを載せている本ですね。

僕自身も「奇界遺産」を目にして、スイティエン公園の存在を知りました。

 

そして、旅に出る前に佐藤さんの奇界遺産の写真展があったので、行っていました!

すごい人気で、行列に並んだのを覚えています。

 

スイティエン公園は、ベトナム最大の都市ホーチミンの郊外にあるテーマパーク

1995年に開園しました。

仏教系の彫刻像があちこちにあったり、シュールなアトラクションがあったり、プールがあったりします。

狂ったディズニーランド」とも呼ばれることがあります(笑)

理由は、後で分かります。

 

そして「世界の有名テーマパーク12選」に選ばれたこともあるそう。

そんな有名だとは思えませんが(笑)

園内は、東京ディズニーランドとシーを合わせた面責よりも広く、その広大なスペースには、数々のカオスなものが待ち受けています。

タカヤ
タカヤ
それでは、実際に行ってみましょう!

スイティエン公園へのアクセス

スイティエン公園へのアクセスについて。

  • タクシー・Grab

→安くはないですが、楽。

  • バス

激安!僕たちはバスで行ったので、バスでの行き方を書きますね。

  • 地下鉄?

→現在はまだないですが(2020年2月)、2021年頃に地下鉄ができる予定とのこと。スイティエン駅もできるみたいなので、完成したら便利そうですね。

 

ということで、僕たちはバスで行きました。

ベンタイン市場の近くのバス停から出発!

19番53番のバスで行けます。

グーグルマップで経路検索すると、乗る予定のバスが表示されるのでわかりやすいですよ!

乗車時間は1時間くらいです。

片道一人7,000ドン

バスによって値段が違うこともありますが、だいたいこのくらいです。

 

運転手の他に、切符役の乗務員がいるので、一応その人に「スイティエンに行きたい」と言っておきます。

降りる場所が近付いてきたら教えてくれました。

また、グーグルマップ等で、位置情報を確認しながら乗っていたら、わかりやすくて便利です。

 

帰りのバスは、歩道橋を渡って反対側のバス停から出ます。

帰りもまた、19番か53番のバスが便利です!

スイティエン公園に潜入!

さて、こうしてスイティエン公園に到着しました!

入り口からして、派手

完全にテーマパークです。見るからに楽しそう。

まずは入場チケットを買わないとですね。

大人一人12万ドンです。(600円くらい)

スイティエン公園では、先に入場料を払い、あとはアトラクション毎にお金がかかります。

最終的に、入場料といくつかのアトラクションに乗って、昼食を食べて、合計2,000円くらいでした。

テーマパークとしては、破格ですよね。

 

それでは、チケットを手に入れたので、入場しましょう。

立派なオブジェと著作権無視のキャラクター

入りました!

さて、さっそく聞こえてくるのは、聞き覚えのあるディズニーの音楽!』(笑)

スイティエン名物とも言えます。

完全にディズニー。目を閉じたら、どう考えてもここはディズニーランド。

これが「狂ったディズニーランド」と呼ばれる所以でしょう(笑)

堂々としている様がすごいです。

園内を歩くと、目に止まるのは巨大なオブジェたち。

かなり立派です。仏教系のものが多いです。

「これ、いくらかかったんだろう?」と少し心配になるくらいの立派さ。

これでお客さんがたくさんいたらわかるのですが、園内はガラガラです(笑)

少しだけお土産屋もあります。

…が、よく見てみると

ミッキー・ミニーのぬいぐるみ⁈

っていうか、ドラえもんとかポケモンもあります(笑)

まさに、ここでしか出会えないコラボ!

顔がおかしいのは、ご愛嬌ですね。

数年間使われていないであろう、ボートがありました。

地下鉄ができたら、もっと賑わうんでしょうかね〜。

ハリーポッターのお化け屋敷

スイティエンに行く前から、絶対に入りたいアトラクションがいくつかありました。

その中の一つが「ハリーポッターのお化け屋敷

スイティエンには、ハリーポッターまであるんです(笑)

僕、ハリーポッターが大好きなので、気になっていたアトラクションでした。

 

歩いていると、それらしき建物が遠くに見えてきます。

ホグワーツ城みたいな建物。

USJにもありますよね。

近くに来たらこんな感じ。

ゴブリンとドビー、写真には写ってませんが、ドラゴンの銅像があります。

きっとこれは、最終章でハリーたちがドラゴンに乗って、銀行を破壊するシーンを連想するように造られたものだと思います。

4体のドビー?ちょっと気持ち悪いですね。

 

入場料は5万ドン。

それでは、行ってみます。

入り口には、ヴォルデモートが!

暗く、怖い雰囲気。完全にお化け屋敷

進んで行くと、色々な人形が動いていてちょっと怖い?

 

あれ…いや、怖くない!

お化け屋敷が苦手な妻でも、平気そうです。

 

真っ暗過ぎて、脅かしてくる人形が見えにくいし、なんか全体的にチープな印象。

でも、後ろにいたカップルの女の子は怖がっていました。

日本のお化け屋敷に行ったらどうなるんだろう。

改めて、日本のお化け屋敷の怖さを思い知りました。

途中、ハリーがいたり、ドラゴンがいたり、ディメンターがいたり、色々なキャラクターが出てきます。

どれも手作り感があって、ちょっとシュール。

これはこれで、味のあるアトラクションですね。

園内の食事は?

あれ、USJみたいな地球儀と仏像のコラボ

良いとこ取りしてきますね〜

 

そろそろ、ちょっとお腹が空いてきました。

「何か安い食べ物あるかな〜」と園内を歩きます。

テーマパークの食べ物って、どうしても高くなりますよね〜。

と思いましたが、ここはスイティエン!

そんな心配は無用でした。

 

スイティエンには、屋台みたいな店がたくさんあります。

バインミーは1万5,000ドンくらい。

フォーとかのヌードルスープ系は3万5,000ドンくらいです。

安い!むしろ、ホーチミンの中心部より安いです。

スイティエンに来る人は、基本的にベトナム人だからローカル価格なんですね〜!

飲み物や缶ビールもけっこう安いから、気軽に飲めます。

安さに驚きながらも、僕はフォーを注文。

街中の屋台とかによくある普通のフォーで、そこそこ美味しかったです。

 

レストランもありますが、屋台より高め。

特にレストランにエンターテイメント性があるわけでもないので、屋台がおすすめです!

【おすすめ】ワニ釣り

そしてやってきたのは、『ワニ釣り』

ネットで事前に日本人の評判を見ていると、「ワニ釣りが一番面白い!」というコメントが多かったので、絶対に行きたいスポットでした。

入場チケットとワニ釣りの餌は別々に買います。

まずは入場チケットを買って、入場。

正確な金額を忘れましたが、他のアトラクションより安いです。

園内には、大量のクロコダイルが!

昼寝しているワニから、水にプカプカ浮かんでいるワニ、泳いでいるワニ、皆それぞれですが、基本的にはのんびりしています。

 

けっこうワニとの距離が近め。日本だと完璧に安全に配慮された作りになりそうですが、ここはベトナムですからね。

柵から指を出したら、背中とか触れそうなくらい。

このワニ園、けっこう日本人を見かけます。

スイティエン自体、ちょっと日本人に知られているせいか、日本人を見かけるのですが、特にワニ園ではよく日本人に遭遇しました。

 

ワニ釣りを楽しんでいる人の声が聞こえてきます。

僕もそろそろ、餌を買ってワニ釣りをしてみましょう。

あ、釣りと言っても、釣り上げないですよ(笑)

釣竿を使ってワニに餌を食べさせて、ワニの噛む力を感じるようなアトラクションです。

ワニの餌はちょっと奥に進んで行ったところで買えます。1つ数十円という格安な値段!

何かの生肉がぶら下がっていますね。

 

ワニのいるところに投げてみますが、あまり食いつきません。

皆、お腹いっぱいなんですかね。

 

何匹かのワニに試し、ついに食い付かれました!

急にきます!

怖い!

噛み付く瞬間の迫力がものすごい!

確かにこれ、楽しいです。

動物園

ワニ園の横には、動物園があります。

ここは入場無料

テナガザルが可愛いです。動きが面白くて、ずっと見てられそう。

それから、大量のヤマアラシ

なんでこんなにいるのかっていうくらい、ヤマアラシゾーンがたくさんありました。

中には、禿げてしまっているヤマアラシも。

 

他には、赤ちゃんワニや亀、蛇なんかもいました。

動物園まであるとは、なんでもありのテーマパークです。

12Dのアトラクション

スイティエンには、VR系のアトラクションもあります。

僕が行ったのはこれ。『12D』

ここまで数字が増えると、よく意味がわかりません。

まぁ、行ってみます。

結果、何が12Dなのかはよくわかりませんでした。

椅子が映像に合わせて動き、映像が飛び出してくる感じ。

 

そしてちなみに、4D8D9Dもあります。

スイティエンの中では、VR系アトラクションはまともな乗り物だと思います。

そして、数字が増えれば増えるほどすごいという訳ではないので、外観から自分の好きそうなものに乗ってみてください。

ジェットコースターもある!

変わったアトラクションだけでなく、普通の遊園地っぽいものもあります。

観覧車とか、ジェットコースター。

そんなに激しそうな乗り物はなかったですが、そこそこ楽しそうでしたよ〜。

スイティエンに来たからには、ここにしかない変なアトラクションに乗りたいと思っていたので、僕はジェットコースターには乗りませんでした。

写真スポット?

スイティエンには、巨大なオブジェがたくさんあるので、写真スポットみたいな場所がたくさんあります!

オブジェだけでも、けっこう見応えがあります。

よくこんなの作ったな〜という感じ。

シュールなのも多いですね。

金色のおじさんの顔とか。

「なんかのアトラクションの入り口かな?」と思ったら、ただのオブジェだということも多々あります。

こんなに仏像とか、仏教系のオブジェがたくさんある中での、ディズニーBGMですからね(笑)

本当にカオスな状態。

パレードもあるのかな?

歩いていると、パレードをやりそうな山車がありました。

パレードもあるんですかね?

僕が行ったのは平日だったので、そんな雰囲気は全く感じませんでしたが、土日ならもしかしたらあるのかもしれません。

フードコートみたいなところの天井には、数々のキャラクターが…。

ミニオンやドラえもん、ディズニー等、世界各地の人気キャラクターが勢揃いです。

夢の共演!

スマブラみたいな感じですね(笑)

古代の世界へトリップ

もう一つくらいアトラクション乗りたいな〜と思っていたところ、こちらを発見。

Journey to World」みたいな名前のアトラクション。

旅人として、こういうワードは見逃せません。

入場料5万ドンを払って、行ってみます。

入ると、しばらく歩かされます。

あれ、歩く系のアトラクション?」と思いながら、進んで行きます。

壁には、遊戯王に出て来そうな絵が描いてあります。

中学生男子とか、好きそう。

 

と思っていたら、乗り物が出てきました。

ここからが本番!

トロッコみたいな乗り物で、薄暗い中を進みます。

すると、襲いかかってくる数々の人形!

またお化け屋敷!(笑)

写真は、ブレブレですがツタンカーメンがたくさんいます。

 

これは、「世界への旅」というより「古代エジプト風お化け屋敷」という感じです。

まぁ、特に怖くはありません。

人気のプール

園内で、特に存在感を示しているのが、こちら。

奇界遺産」の表紙のやつですね。

実はこれ、プールエリアの中にあります。

プールエリアに入るには、入場料10万ドンが必要。

多分、スイティエンで一番高いチケットです。

プールエリアはけっこう広く、楽しそうです。

ですが、水着を持ってきてなかったということもあり、今回はやめておきました。

なので、柵の外からあのオブジェを見てみます。

見える見える!

良い角度を探して、写真を撮る。

次回行くことがあれば、プールに行ってみたいと思います!

ドクターフィッシュ

最後に、ドクターフィッシュをやってみます。

園内には、たくさんドクターフィッシュスポットがあって、安いので休憩がてら利用できるんです。

 

しかし魚がでかい!!

足を入れると、大量の魚が食いついてくるので、ちょっと気持ち悪いです。

東南アジアのドクターフィッシュって、でかいのが多い気がします。

これはちょっときつい!(笑)

くすぐったいような、気持ち悪いような。

ところが、ずっとやっていると慣れてきました。

これって、本当に足綺麗になるんですかね?

スイティエン公園の感想

そして時間は16時半頃。

けっこう楽しんだので、そろそろ出ます。

 

ちなみに閉園時間は17時

15時半くらいから閉園ムードが漂い始め、屋台やドリンクスタンドはほとんど閉まります。

 

スイティエン公園、個人的には、なかなか楽しめました!

変なオブジェあり、意味不明のアトラクションあり、動物もいて、ごちゃ混ぜのキャラクターがいるスイティエン。

なんでもありのテーマパークです。

 

シュールなものが好きな人や、マニアックなB級スポットが好きな人なら、けっこう楽しめるんじゃないでしょうか?

 

僕はけっこう気に入ったので、またホーチミンに行く際には、もう一度スイティエンにも行こうと思います。

ホーチミン旅行に行く方は、是非チェックしてみてください!

 

 

ホーチミンでは「お金見せて」詐欺に要注意↓

 

ホーチミンの歯医者で歯の掃除をしてもらいました↓

 

ミャンマーのヤンゴンにも、変な遊園地がありました↓

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!