視力0.1だった僕が、長期の旅に出るためにレーシックを受けた体験談

旅の準備

今回は、僕がした【旅の準備】の中の一つ、レーシックについてです!

 

世界一周のような長期の旅に出かける時には、色々な準備が必要です。

 

貯金をしたり、クレジットカードを作ったり、必要なものを買い揃えたり。

 

他にもたくさんの準備があります。

(最悪、パスポートとお金さえあれば大抵どうにでもなるんですが、やっておいた方が良い準備はあります)

 

僕は旅に出る少し前まで、視力が0.1でした。

コンタクトと眼鏡が必須アイテム。

 

ですが、旅に出る時期が決まって【レーシック手術】を受けることに決めました。

今では視力1.2くらいです。

今回は、僕が長期の旅に出るためにレーシック手術を受けた話。

長期の海外旅行と視力の問題

旅に出る時期が決まった頃から、ずっと悩んでいることがありました。

旅をする際に、

  1. レーシックをする
  2. 大量のコンタクトを持ち歩く
  3. 基本、眼鏡生活+少しのコンタクト

「旅中、どう生活しよう?」

 

レーシックは危険そうで怖い。

コンタクトを大量に持ち歩くのは、現実的に厳しい。

眼鏡も壊れたら困るし、ずっと付けるのはあまり好きじゃない。

 

↓妻の眼鏡がオーストラリアで壊れた時の話↓

 

怖いイメージがあるけど、この機会に、前から少し気になっていたレーシックについて調べてみよう。

と思い、日々ネットで調べました。

 

ネットの情報はなんだか怖い話が多い。

失明するとか、合併症を引き起こしたとか・・・。

 

でもたくさんの人がレーシックを受けているのは事実で、100%安全とは言えないけれど、そんなに危険なものでもないんじゃないか。

 

そう思い始めました。

 

ネットだけじゃよくわからないから、話を聞きに行ってみよう。

 

そして、クリニックへ相談に行きました。

クリニックへGo!

僕が行ったのは「品川近視クリニック」梅田院

聞いたことのある名前だし、当時の職場や家に近かったから。

 

最初は検査と相談のみ。無料です。

検査結果によっては、レーシック手術できない人もいるみたいです。

 

クリニックでは、手術の安全性やアフターケアについて話を聞きました。

 

手術をして、合併症等を引き起こす可能性は少なからずあるということ。

(これはレーシックに限らず、どんな手術でも100%安全とは言い切れないということです。)

 

しかし、その合併症は一時的なもので1~2週間程度で治ることが多いということ。

 

話を聞いてレーシックのことをもっと知り、「やってみようかな。」という気持ちになってきました。

手術の費用は、「27万円」

高いですが、これから何年もコンタクトを買うよりは安い。

僕の場合、1年で4万円以上コンタクト代がかかっていたので、7年保てば確実にコンタクトより安上がりになります。

 

一度家に帰って考えた結果、視力が回復した後の生活を思い描き、手術を受けることにしました。

僕が感じたレーシックのメリットとデメリット

まだ目が悪い時の僕

レーシック手術を受けることにしましたが、やはり何にでもメリット・デメリットというものはあります。

 

メリット

  • これからコンタクト&眼鏡なし生活!

→やっぱり一番のメリットはこれですね。ほぼ、これに尽きます。

  • コンタクト代がかからなくなる。

→レーシックが成功したとして、僕の場合7年以上視力が落ちなければ、コンタクトより安上がりです。

 

デメリット

  • 手術が失敗する可能性

→やはり手術なので、失敗する可能性は0ではないということです。でもそれはレーシック関係なくどんな手術でも同じこと。

レーシックによって軽い合併症などが出ても、時間の経過や再手術によって治るものがほとんどだと感じました。

  • 保険が効かないので、手術費用が高額

→保険は効きませんが、レーシックは「医療費控除」の対象になります。役所に申請をすると、少しお金が戻ってきます。

  • 老眼が早くなる可能性が高い

→視力が良い人は老眼になるのが早いので、これは仕方ないですね。

  • 今後、視力が落ちる可能性もある

→一度視力が上がっても、目に悪いことを続けると少しずつ視力が落ちていくことがあります。

ただし、手術後すぐに視力が下がった場合は、無料で再手術を受けれるようでした。

 

 

これを見ると、デメリットの方が多く見えますね(笑)

 

ですが、裸眼で生活できるというメリットがかなり大きいです。

最終的には、長期の旅に出るための準備として、レーシックを受けることに決めました。

5分で終了⁈レーシック手術を受ける。

2017年の11月「品川近視クリニック 梅田院」にてレーシック手術を受けました。

手術はとてもスムーズ。

 

手術前に麻酔の目薬を差して、手術室へ。

「こんな麻酔で本当に痛くないのかな?」

と少し心配でしたが、大丈夫でした。

 

手術が始まってからは、あっという間。

 

何が起きているのかはよく見えません。

目の周囲を器具で固定され、ずっと目を見開かされる状態になります。

そして、目に何やら光を当てられています。

 

麻酔をしているので、目自体の痛みは感じません。

ですが、目の周りを器具で圧迫されるため、圧力による頬周辺の痛みはありました。

充分我慢できるくらいの痛みです。

 

手術は5~10分くらいで終わりました。

手術後の痛み・見え方は?

手術後はクリニックで少し休憩してから帰宅します。

なんだかちょっと白くモヤモヤした視界。

でも、「見える!!」

 

コンタクトや眼鏡をしてないのに、遠くが見えるんです。

 

手術後しばらくは、ハロー&グレア現象という現象が起きました。

光が滲んで見えたり、すごく眩しく見えたりする現象です。

 

事前にハロー&グレア現象が起きると説明を受けていましたが、ライトがすごく眩しいです。夜の街灯とか信号とか。

 

また、手術当日〜翌日くらいまでは目が染みるような痛みがありました。

玉ねぎが目に染みる感じです。

ですが、痛み止めの目薬を差したら大丈夫でした。

 

ハロー&グレア現象は、手術後1週間くらいで治りました。

治ってからは、そういう現象は今も起きていません。

 

手術後に一番変わったのは、風呂場での視界の良さ。

風呂に入る時は、今までコンタクトや眼鏡を外していたので、それがクリアになったのがちょっと感動です。

 

レーシック手術の翌日までは、見え方が違ったり痛みがあったりしやすいので、仕事は翌日休みの時の方が良いと思います!

レーシックを受けての感想。現在は?

今は、レーシックを受けて本当に良かったと思っています。

とにかく楽!

視力も変わらずに1.2くらいあると思います。

 

コンタクトを買ったり、眼鏡のメンテナンスをする手間・時間・お金を省けて、快適に過ごしています。

毎日、コンタクトを付け外ししていた時間も有効に使えますし、朝も起きてすぐ出かけることもできます!

 

長期の旅をしている現在、もしコンタクトや眼鏡で生活していたら大変だろうなと感じることが多々あります。

メリットとデメリットがあるので、よく考えて受ける必要がありますが、僕はレーシックを受けて良かったです!

 

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました