旅と食

【肉を食べる量、減らしていきます。】

世界放浪中のタカヤです。

 

最近、少し決意したことがあります。

それは、

【肉を食べる量を減らす】

ということ。

ベジタリアンになる訳ではありませんが、これから食べる肉の量を減らしていきたいと思っています。

なぜこう思うようになったのか。

きっかけ・理由は東南アジアでの旅です。

【食べる肉の量を減らす】理由

僕が食べる肉の量を減らす理由は、自分で動物を殺せないと思ったから。

東南アジアを旅していると、現地の市場ではニワトリが生きている状態で売っているのを、よく目にします。

足を縛られて、悲痛な鳴き声を上げながら売買されています。

市場では、ニワトリがそのままの形で売られているのが通常仕様。

 

日本では、そんな状態で売っていることなんて、普通目にしませんよね?

あまり海外に行ったことのない方は、その光景を見て「怖い」とか「気持ち悪い」と感じる人もいるかもしれません。

 

東南アジアでは、自分でニワトリを締める人も多いです。

でも僕は、それができないなぁ〜と。

「自分で動物を殺せないのに、日常では当たり前のように、誰かが殺してくれた動物を食べてる。」

 

この自分の日常に対して、ちょっと疑問を覚えました。

生き物の命を頂くのに、感謝の気持ちも感じず、当たり前に食べていました。

だから、「それはちょっと良くないんじゃないか?」と思った訳です。

 

それでも、僕は肉や魚は好きだし、それ以外の選択肢がない時もあります。

ベジタリアンレストランも多くはありません。

 

だから、「生物の命に対して、感謝を感じられるくらい」の量にしていこうと思いました。

 

そこにあるのが当たり前ではなく、美味しくて感謝を感じられるくらい。

なんとなく肉を食べる」とか「当たり前のように食べる」ということを極力減らしていきます。

 

 

こう思うようになったのは、具体的に東南アジアで二つのエピソードがありました。

それぞれ、書いていきます。

ニワトリのエピソード①締められる瞬間を目撃

ベトナムにある、ランタンで有名な世界遺産の街【ホイアン】を歩いている時のことでした。

ローカルな市場を通りがかると、そこではニワトリや野菜、魚等が売っていました。

 

そして大きな箱にニワトリが何羽か入ってるな〜と思っていたら、その箱の中は真っ赤。

ニワトリの血で発泡スチロールの箱が真っ赤になっていました。

 

そして、その箱にまた生きているニワトリが入れられます。

ニワトリは、悲痛な叫び声を上げ、血が飛び散ります。

 

ニワトリへの感謝を感じると共に、第一線でニワトリを締めてくれる方へ感謝の気持ちも湧きました。

ニワトリのエピソード②ニワトリを可愛がるおじさん

ミャンマーにある遺跡が有名な街、バガンを旅している時のことです。

宿の近くにある食堂へと行きました。

 

すると、お客さんのおじさんが席でコーヒーを飲んでいました。

そのおじさんの膝には、ニワトリ!!

「え⁈ニワトリを抱っこしながらコーヒー?(笑)」

そんな光景見たことないので、なかなか衝撃的でした。

 

おじさんは、ニワトリを膝に抱えながら、ずっとニワトリを撫でています

犬や猫を撫でるように、ずっと優しく撫でています。

ニワトリは、大人しく座っていて、気持ち良さそうにしています。

 

人の上で、あんなに気持ち良さそうに、大人しくしてるニワトリなんて、見たことありません!

食堂に誰かの犬が来ると、おじさんはニワトリを守るようにしています。

 

これどういう状況⁈ペット?

なんて不思議に思っていました。

 

しかししばらくすると、おじさんは食堂の厨房の方へ行き、ニワトリの足を縛りました。

そして奥の方へ連れて行き、おじさんが戻ってきた時にはニワトリはいませんでした。

グーグルマップを見ると、その食堂の横には「Fat Chicken」という名前のレストランがあります。

その後おじさんは、バイクに乗って帰って行きました。

 

ここからは僕の推測です。

きっとおじさんはニワトリ農家で、どこかからニワトリの発注が入ったら、売りにいくのでしょう。

そして、この日もニワトリの発注が入ったんだと思います。

 

おじさんはニワトリに愛情を持って育て上げ、ニワトリはおじさんによく懐いています。

そして、ニワトリとの最後の別れをするため、ニワトリを落ち着かせるために、しばらく食堂でずっと撫でていたんだと思います。

 

この推測が全部合っているかどうかはわかりませんが、おじさんとニワトリを見ていて、そんな気がしました。

終わりに

僕が「食べる肉の量を減らそう」と思ったのは、この二つのエピソードがきっかけです。

今まで、【生き物を食べる】ということに関して、あまり感謝してこなかったな〜と。

 

「自分の手で動物を殺せない」のに、「当たり前のように動物を食べるのはいいのか?」

自分に問いかけました。

 

これからも肉や魚は食べますが、食べる時にはこれらを目撃した時の気持ちを思い出し、生き物に感謝して頂きたいと思います。

そして、動物を食べ過ぎないように、自戒していきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

 

↓動物の命について感じられる漫画です。

【アニマル・パニック・ホラー漫画】『ジンメン』の感想・無料で読む方法インドア系トラベラーのタカヤです。 僕、ゲームとか漫画、映画とか、ハマると抜け出せなくなるんですよ(笑) だから、基...
ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。