それぞれのお国柄が出る⁈ワーホリ中に出会った各国の人の印象。

オーストラリア ワーホリ

オーストラリアワーホリ中のTAKAYAです。

 

ワーホリって、世界各地の人と出会います。

色んな国の人と一緒に働いたり、一緒に住んだりする中で、それぞれの国民性に気付きました。

もちろん、同じ国の人でも全然違う人もいますが、国によって傾向があります。

 

生きてきた環境によって、価値観が変わるなんて、当然なんですが面白いです。

オーストラリアワーホリ中に出会った国の人で、それぞれの印象について感じたことを書いていきます!

オーストラリアワーホリで出会うのはどこの国の人?

オーストラリアワーホリで出会う人と言っても、オーストラリアは広いので、地域によって多少差が出てきます。

日本人の多い地域とほとんどいない地域があるように、地域ごとに変わってくるんですね。

僕がワーホリをしたのは、タスマニアのHuonvilleブリスベンの近くにあるGattonです。

出会ったのは、韓国人台湾人インド人ヨーロピアンオージーオセアニア諸島の方々です。

それぞれの傾向があったので、書いていきます!

韓国人の印象「ほとんど日本人」

一番、日本人に馴染みがあるので、仲良くなりやすいです!

お互いの国のこともよく知っているし、旅行しに行ったことがある人も多い。

そして、一番日本人と似ていると感じました。

一緒に生活していても、日本人と生活するのと変わらないので、楽です。

 

また、日本語を話せる人が多いのも印象的。しかもけっこう流暢な人が多いんです。

相手が自分の国のことを知ってくれていると、嬉しくなりますね。

台湾人の印象「ギブ&シェアがすごい」

台湾人も、韓国人同様に一緒にいて過ごしやすいです。

働き者で、真面目。親切な人が多いです。

日本人や韓国人よりフレンドリーな人が多いと感じました。

日本のこともよく知っている人が多く、日本のドラマやアニメも人気みたいです。

仕事中、台湾人の友達のスピーカーからオレンジレンジが流れてきたのは面白かったです(笑)

 

また、台湾人は「ギブ&シェア」がすごいです。

食べ物をくれたり、飲み物をくれたり…。台湾人の近くにいると、すぐに何か与えられます(笑)

台湾人の「ギブ&シェア精神」から学んだことを下の記事に書いたので、興味のある方は読んでみてください!

インド人の印象「違和感の連続」

日本人にとって、インド人と一緒に生活することはけっこう難易度が高いと思います。

Gattonにはインド人も多いのですが、違和感を感じることが多々ありました。

価値観が違い過ぎるからでしょうか。

Gattonではインド人のシェアハウスに住んだことがありましたが、あまり自分には合いませんでした。

他の日本人も、インド人のシェアハウスに住んでトラブルになったと言っていました。

どんな感じかと言うと、

  • 後から出てくるマイルール
  • 距離感が急に近い
  • 究極のマイペース
  • 声がでかい
  • 毎日カレー

 

本場のインドに行ったら、どんなことになるんだろうと思います(笑)

フランス人の印象「よくふざけるパリピ」

ヨーロピアンは、日本人から見ると、どこの国の人も見た目が似ていて、違いが分かりにくいです。

ですが、そのヨーロピアンの中でも仕事中にふざけてる人がいたら、その人はフランス人の可能性が高いです!(笑)

ふざけながら、楽しそうに仕事をしています。

真面目に働くアジア人とは大違いです。

ヨーロピアンの印象「省エネモードがすごい」

アジア人は「仕事は一生懸命やるもの」という考え方の人が多く、ハードワーカーが多ですが、ヨーロピアンは違います。

「いかに楽に緩く働くか」という風に考えている人が多い気がします。

仕事中は省エネモードで、オフの時は本気で楽しむって感じですね。

なので、たまに働き者のヨーロピアンに出会うと、「え、この人すごい働く!」とびっくりします(笑)

オセアニアの島の人の印象「愉快で優しい島の人」

オーストラリアの周辺には小さな島国がたくさんあり、その国の人たちもよく働きにきています。

僕はバヌアツソロモンフィジーの人と出会いました。

一見、見た目は厳つくてちょっと恐いのですが、愉快で優しい人が多かったです。

最初話すまでは、少しシャイな人が多いような気がします。

オージーの印象「陽気なエンターテイナー」

そして最後に、オーストラリアに来たら間違いなく一番関わる国の人。

オージーですね。

ひたすら陽気。喋っている時の表情、仕草、ボディランゲージが大きくて、エンターテイナーみたいです(笑)

喋っているのを観察してると面白いですよ!

 

あと、フレンドリーな人が多いです。

道端で挨拶をしたり、話しかけられることもあります。

困っていたら、話しかけて手伝ってくれる人も多いです。

 

ただ、オージーイングリッシュ難し過ぎ‼︎

特に田舎のオージーのおじさんとか、何も聞き取れません…。

出会った各国の人の印象まとめ

オーストラリアワーホリに来ると、本当に色々な国の人に出会えます。

さすが多民族国家と言われるだけはありますね。

 

「日本の常識は海外の非常識」

という言葉があるように、それぞれの国での環境や価値観が違うので、日本にはなかなかいない種類の人がたくさんいます。

 

また、自分が出会った人によって、その国の印象も決まります。

ということは、自分も日本代表の一人だということです。

日々意識して、日本へ良い印象を持ってもらいたいと思います!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓Gattonファームの仕事情報はこちら↓

↓Tasmaniaチェリーの仕事情報はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました