カンボジア

プノンペンのイオンモールに行ってきました!日本食・テナント・ラウンジは?

世界放浪中のTAKAYAです。

 

最近、カンボジアの首都プノンペンに行ってきたんですが、なんとイオンモールがあったんです!

東南アジアでは、イオンが割とあって、さすが大企業だと感じますね。

 

ところで、僕はイオンに少し詳しく、一部ではイオンマニアとして知られています。

元々、学生時代にイオンカードの営業&イオン銀行の手続きの仕事をしていたので、ちょっと詳しいのです。

 

それもあって、どこかでイオンを見かけると、つい行きたくなります。

そういう経緯で、プノンペンのイオンモールに行ってきたのでレビューしていきます〜!

イオンモールに入店!

泊まっている宿から徒歩15分ほどで着きました。

外観からして、日本のイオンそのままです。

日本で言うタクシー乗り場には、トゥクトゥクが停まっていていて、カンボジアらしさを感じましたが、それ以外は日本のイオンと変わりませんね。

 

さて、内部はどんなイオンモールが待っているのでしょうか。

イオンマニアとして、期待が高まります。

イオンモール内を探索!

それでは、店内に入っていきましょう。

入った瞬間、クーラーの気持ち良さが沁みます。

ああ、ここに来て良かった

暑い昼間のカンボジアでは、そう感じざるを得ません。

フロアマップはこんな感じです。

海外では、グラウンドフロア=1階なので、日本の感覚では1階ずつずれていきます。

3階もありましたが、駐車場のようです。

建物が横に長く、予想以上に広いです。

 

それぞれ、行った場所を紹介していきます!

フードコートへ

時間はお昼時。

お腹が空いているので、とりあえず何かを食べなければいけません。

フードコートへと参りましょう。

 

フードコートでは、惣菜や弁当、その場で作る料理が混在しています。

作り置きのパッキングされた弁当は、1.5USドルくらいで売っていてけっこう安いですね。

それぞれ好きなものを買って、フードコート内の席で食べることができます。

寿司もたくさんありました。

中には一貫ずつ売っているものも。

日本より魚のバリエーションは少ないですが、美味しそうです。

緑のつぶつぶが乗ってる寿司はなんでしょうか。

値段は日本と同じくらいです!

おにぎりだってあります。

一個100円くらい〜。

定番の梅や明太子もあります。

 

カンボジアローカルの安い食堂に行くと、同じ値段でお腹いっぱい食べれるので、食べたいけど買わないことにします。

それからソフトクリームもありました!

これはけっこう安いですね。

1ドルのと、80セントのがあります。

 

あ、そういえば、カンボジアに来たことがない方がこの記事を読んで下さっていたら、説明しておくことがあります。

カンボジアでは、「カンボジアリエル」という通過と「アメリカドル」の二つの通過が流通しており、どちらも使えます。

そして、店の値段表記ではアメリカドルで表記されていることが多いです。

なので、値段が出て来たら、アメリカドルで計算して考えてみてください。

1ドル=110円前後といったところです。

日本食を食べてみました。

「せっかくイオンモールに来たので、日本食を食べたい。」

普段はなかなか食べれませんからね。

そういうことで「JAPANESE FOOD」の看板があるところへ。

ここでは、「うどん」や「カレー」、「カツ丼」「焼きそば」「たこ焼き」などが幅広くありました。

3ドル以下のものがほとんどです。

僕はポークカレー、妻はうどんを頼みました。

うどんは1.5ドル、ポークカレーは2.5ドルです。

注文したい料理のカードを取って、支払いカウンターへ。

支払いをして待っていても、料理ができる気配がありません。

「あれっ」と思ったら、オーダー方法が書かれていました。

支払いの後、シェフにレシートを渡して作ってもらわないといけなかったようです。

レシートを渡し、少し待つと料理が出て来ました!

見た目からして普通!

無難に美味しそうな雰囲気です。

 

食べてもそのまま、日本のフードコートで出て来そうな味です。

カレーがちょっとぬるめだったのが少し残念ですが、異国の地では日本食が沁みます。

やっぱり定期的に日本食を食べないと、旅は続けられません。

 

僕が世界各地で行った日本食レストランはこちらから!

スーパーはどんな感じ?

お腹いっぱいになったので、イオン内を探検していこうと思います。

まずはショッピングモールの顔と言える、スーパーマーケットコーナーから。

 

カンボジアって、大きなショッピングモールがほとんどないんです。

このイオンが、カンボジア初のショッピングモールだとか。

そして、大きなスーパーもほとんどありません。

ローカルの人は、小さな商店や市場で買うことが多いと思います。

 

なので、カンボジアではこんな大きなスーパーも新鮮!

つい色々見たくなります。

基本的には、日本のイオンと同じような作りです。

が、売ってるものはやっぱりちょっと違います。

目立つのは、ドリアン

パックで少量のものも売っていたので、食べてみたい方は買えますよー!

それから、旅人御用達のカップ麺コーナーへ。

安いので、旅中はよく食べます。

日本のカップスープも売ってました。

でもやっぱりちょっと割高です。

ローカルのカップ麺が安くて良いですね。

シャンプーや洗剤、日用品も幅広く揃ってました。

ここに来れば、生活に必要なものは全て買えそうですね。

日本製品も多いので、こだわりのある方も良いかと。

飲み物のところには、缶チューハイも発見!

海外で意外と恋しくなる日本のものランキング(今考えました)で、上位に来るのが缶チューハイ

日本って、缶チューハイのバリエーションがすごいですよね〜。

日本に帰った際は、ストロングを飲みたいと思います!

充実のお酒コーナー

スーパーとは別に、お酒コーナーもあります。

品揃えが豊富!

特に、日本のお酒がたくさん置いてあります。

日本で買うよりも高くなりますが、日本酒とか焼酎って海外ではなかなか飲めないので貴重です。

缶ビールやワインは、世界各地のものが広く揃っています!

でもカンボジア産のビールが安過ぎるので、どうしてもカンボジアのビールになってしまいますね。

カンボジアお土産も買える。

スーパーの近くには、カンボジアのお土産屋もあります。

街中のマーケットよりは、やっぱり高いです。

でも客引きや勧誘なく、ゆっくり見れるので旅慣れてない方は安心ですね。

値札がちゃんと付いているので、ここで値段を把握してからマーケットに臨むというのもあり!

カンボジアで寝ている人だけを撮った写真集の本があって、面白かったです。

立ち並ぶ日本食レストラン

上階に上がると、たくさんのレストランが立ち並んでいます。

そして、ここはイオンというだけあり、日本食レストランが目立ちます。

日本風の橋のオブジェもありました。

長崎ちゃんぽんのリンガーハットも発見!

他にもたくさんの日本食レストランが立ち並んでいるので、ここに来たら日本食は何でも食べられると思います。

値段帯は、日本よりちょっと安いくらい〜同じくらいのところが多そうでした。

プノンペンに長期滞在していて、日本食が恋しくなったらイオンに来れば間違いなしですね。

日系テナントの数々

レストランだけじゃなく、便利な日系のお店もたくさん入ってます。

ダイソーとか。

100円じゃなくて、1.9ドルとかって書いてありますけどね。

輸入にお金がかかるからでしょうか。

案外、こういう便利グッズって、東南アジアよりも日本の方が安いことが多い気がします。

電化製品のノジマです。

日本の電化製品が売ってました。

そういえば、カンボジアのコンセントって、日本のプラグがそのまま使えるんです。

変換プラグは必要なし!

だから、日本の電化製品がそのまま使えちゃいます。

便利ですね。

あとは、こういう便利雑貨系のお店とか。

まぁ、とにかく必要なものは何でも揃うと思いますよ。

グラウンドフロアには、ビアードパパだってあります!

イオンと言えば、ビアードパパって感じがしませんか?

僕はイオンで働いていた頃、毎日のようにビアードパパの匂いを嗅いでいました。

店の前を通ると、甘ったるくてちょっと気分が悪くなるような、でも美味しいからたまに食べたくなるような、そんなお店です。

イオンラウンジへ潜入!

イオン内を散歩していたら、あるものが目に入ります。

「イオンラウンジ」

日本でも、少し大きめのイオンモールには「イオンラウンジ」というものがあります。

ここは、ある条件を満たした者だけが入れる特別なスペース。

実は僕、イオンラウンジに入れるので、日本でも1,2回入ったことがあるんです。

 

「日本だったらラウンジ入れるけど、海外だとどうだろうな〜。無理っぽそうだけどな〜」と思いながら、受付の方へ行ってみます。

さて、どうなるのか⁈

イオンラウンジへの入り方

イオンラウンジは、イオン銀行の中というか横にあります。

イオン銀行といえば、僕の元アルバイト先でもあります。

 

ここに受付があるので、そこで聞いてみます。

日本では、「イオンゴールドカード」を持っている人が無料で入れる場所です。

僕も元々働いていた関係で、ゴールドカードを持っているのです。

受付でゴールドカードを見せて聞いてみると、難なく『入れる』とのこと。

ラッキーです!

しかも3人まで一緒に入れるので、妻も無料で入ることができました。

数年前に働いていた経験が、ここで活きることになるとは…。

 

イオンゴールドカードは、僕みたいに働いたり、カードをたくさん使って買い物をしたりするとゲットできます。

年会費はかかりません。

ちなみにこのイオンでも、イオンカードがあれば20日30日5%オフになるみたいですね。

イオンラウンジのサービス内容

それでは、ラウンジへ入室!

…見事に誰もいません。

座り心地の良い椅子があり、完全に落ち着ける空間。

Wi-Fiは、この時は使えないと言われました。

ティーやコーヒーが無料です。

まぁ、こんなもんです。

そこまですごい場所では…

と思いきや、お菓子をくれました!

小包装のお菓子を何個も…。

そしてよく見ると、冷蔵庫には缶や紙パックのジュースがぁっっ!

「もしかして、これ無料?」

不審に思いながらスタッフに聞くと、無料とのこと。

僕が東南アジアでよく飲む「グラスゼリー」のジュースもあります。

レッドブルや何種類かのフルーツジュースも。

 

買ってもいいけど、微妙に高いからあまり手が出ない飲み物がいくつもありました。

そしてテンションが上がり、3缶ほどジュースを頂きました。

さらに、ウォーターサーバーがあったので、そこでボトルに水も汲ませてもらい、完璧です!

ラウンジを最大限活用させてもらいました。

 

世界の空港ラウンジを使いたい方は、こちらの記事もどうぞ〜!

僕は、生粋のラウンジ好きのようです

その他施設

他の施設もちょっと紹介してみます。

まずは映画館

カンボジアってあんまり映画館がなさそうなイメージですが、ここにちゃんとした映画館が入ってました。

ポップコーンの匂いが立ち込めていて、映画館の雰囲気を味わいたい人にはうってつけの場所です。

あとは、ショッピングモールと言えば定番のゲーセン

日本のゲーセンと全く一緒です。

太鼓の達人やダンレボもありました。

ダンレボをやっている人が、軽快にステップを踏んでダンスしていました。

 

どこのゲーセンにも、そのゲームを極めて毎日やっている人っていますよね。

各ゲーセンのちょっとした有名人のような人。

僕も中学生〜高校生くらいの時はよくゲーセン行ってましたが、ヤンキーみたいな人が溜まる傾向にあるので、ちょっと怖いんですよね〜。

イオンモールプノンペンのアクセスと2号店情報

ここのイオンは、カンボジアのイオン1号店です。

中心地に近いところに位置しているので、滞在している場所によっては、歩いて行くこともできます。

セントラルマーケットからは、徒歩45分。

オルセーマーケットからは、徒歩40分。

宿が近くじゃなければ、グラブを呼ぶのが良いと思います。

 

イオンモールプノンペン近くのオススメ安宿はこちら↓

 

また、プノンペンにイオン2号店もあるようです。

こちらはプノンペン北部の、少し郊外にあります。

1号店より洗練されていて、テーマパーク感があるとの情報です。

 

そしてさらに、現在は3号店のオープンに向けて準備中だそうです。

イオン栄えてますね!

イオンモールプノンペンに行った感想

カンボジアには、基本的にショッピングモールはほとんどないので、イオンモールは貴重な存在です。

空調が効いていて、何でも欲しいものが買えて、日本食が食べれて、遊ぶこともできる。

そんな場所、カンボジアにはなかなかありません。

 

日本の物やお店がたくさんあるので、特に日本人にとってはありがたいですね。

比較的アクセスしやすい場所にあるので、便利です。

観光の間の休憩所としても利用できますね。

イオンマニアの方はもちろん、在住者やバックパッカー、短期旅行者、全ての日本人におすすめできる場所です!

 

また機会があれば2号店にも行ってみたいと思います!

少し長くなりましたが、今日も読んで頂きありがとうございました。

 

 

カンボジア第三の都市バッタンバンで日本食!

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。