自己紹介

【難病】『潰瘍性大腸炎ってどんな病気?』世界を旅する僕の持病について

旅人のタカヤです。

 

タカヤ
タカヤ
今回は、僕の持病についてお話ししていきたいと思います!
タビギャング
タビギャング
え!キミ、持病あったの⁈
タカヤ
タカヤ
そうなんです!好きなように生きていますが、一応難病指定されてる持病持ちです!
タビギャング
タビギャング
えー!!!

ということで、今回は僕の持病『潰瘍性大腸炎』という病気について、お話ししていきます!

特に話す必要もないかなとも思うんですが、持病持ちの方へ少しでも励みになればいいな〜と思い、書くことにしました。

難病ですが、特に生活に支障が出たことはないので、ご心配や気遣いは無用です。

『潰瘍性大腸炎』ってどんな病気?

潰瘍性大腸炎は、胃潰瘍とは違いますよ(笑)

大腸の粘膜に潰瘍ができて、炎症している状態の病気です。

元々は欧米中心に多い病気でしたが、近年日本でも増えてきており、現在は日本国内の患者数は約18万人と言われています。

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎の代表的な症状は、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛です。

血便・下痢・腹痛ですね。

他にも、症状が酷くなると発熱貧血体重減少等が起きる場合もあります。

そして長期間酷い状態が続くと、大腸癌になる可能性もあります。

 

病気自体は現代の医療では完治することはなく、一生のうちに症状がない時期と症状の出る時期が繰り返されていきます。

無症状や軽い症状の場合は、日常生活に全く支障はありませんが、酷くなると日常生活を送るのが困難になり、入院生活を余儀無くされる人もいるそうです。

タカヤ
タカヤ
僕の場合、今のところ軽い症状〜無症状なので、あまり日常生活で困ったことはありません!

重症患者は、全体の数%のみ!多くの患者は無症状〜軽症です。

 

尚、潰瘍性大腸炎の発病によって、寿命が短くなることはないと言われています。

『難病指定』されている病気

潰瘍性大腸炎は、国の『難病』に指定されている病気です。

タビギャング
タビギャング
難病⁈大丈夫?

「難病」と聞くと、命に関わる危険な病気のようなイメージですが、必ずしもそういう訳ではありません。

 

タカヤ
タカヤ
では、なぜ難病に指定されているのか?

潰瘍性大腸炎が難病に指定されている理由は、以下の理由からです。

  • 発病の原因が不明だから
  • 現代の医療では、完治しないから
  • 国が支援して病気の治療法を確立したいから

これらの理由から、「難病」と指定されているんです!

 

患者には、「特定疾患医療受給者証」という保険証が発行され、それを掲示することで潰瘍性大腸炎の治療費が減額されます。

減額されても、けっこう高いんですけどね…。

病気の原因

潰瘍性大腸炎の発症原因は、今だに不明です。

しかし、いくつか予想されている原因があります。

  • 遺伝的な何か
  • 食生活の欧米化
  • ストレス

様々な要因が複雑に絡み合って発症に至っており、確立されている原因はありません。

治療方法

完治させる治療方法はないため、対処療法が基本です。

多くの場合、服薬で対処します。

完治することのない病気なので、基本的に一生薬を飲み続ける生活になります。

 

重症者の場合、手術をすることもあるそうです。

あの有名人も潰瘍性大腸炎!

先述したように、日本での患者数は約18万人いて、年々増えています。

アメリカでは、日本の倍以上の患者がいます。

 

発症しやすい年齢は、男性で20~24歳女性で25~29歳です。

実際に、僕も発症した時は20歳くらいの頃でした。

 

また、有名人の中には潰瘍性大腸炎を公表している人もいます!

一番有名な方は、「安倍首相」ですね。

安倍首相は、2006年〜2007年にも首相に就いていましたが、潰瘍性大腸炎の症状が酷くなったために辞職されました。

 

他にも、こちらの方々が潰瘍性大腸炎を発症されています。

  • 高橋メアリージュンさん(女優・モデル)
  • 若槻千夏さん(タレント)
  • 安達了一選手(野球選手)
  • 上田春佳選手(水泳選手)

仕事に支障が出た方もいるそうですが、皆さん頑張って治療を続けています!

日常生活の注意点

潰瘍性大腸炎の症状が出ている時には、食生活の制限が勧められます。

具体的に、以下の食べ物は症状悪化に繋がる場合があります。

  • 食物繊維の多いもの
  • 脂質が多いもの
  • 乳製品
  • 刺激のある食べ物

病気の症状が出ている場合には、一般的にこれらの食品は避けた方が良いでしょう。

タカヤ
タカヤ
しかし、僕は現在症状がないので、食べ物に関して全く気にせず食べています!

食べれないことによるストレスの方が負担になることもあるので、無理し過ぎず食べたい時は食べることを勧める医療者の方もいます。

 

また、患者は定期的な通院が必要になります。

症状がない場合でも、薬をもらうのと定期的な検査をするため。

これがけっこう面倒ですね。

病気の発症〜現在まで

ここまでは、潰瘍性大腸炎について基本的な情報をお伝えしてきました。

ここからは、僕自身の実体験を書いていこうと思います!

 

病気が発症したのは、20歳くらいの時でした。

なんか、ずっと血便が続いていたんです。

タカヤ
タカヤ
うわ、痔かな〜

なんて思ってましたが、ずっと続くので病院に行ってみました。

「痔なんだろうな〜」と思いながら病院で診断を受けると、

ドクター
ドクター
潰瘍性大腸炎という難病かもしれません

とドクターから診断されました。

 

後日大きな病院で検査をすると、やっぱり潰瘍性大腸炎だということが判明!

タカヤ
タカヤ
WAO!

多少驚きましたが、幸い軽症で助かりました。

 

その後は色々な薬を試してみますが、なかなか治りません。

潰瘍性大腸炎の治療によく使われている「アサコール」という薬の量を増やしますが、一向に治りません。

 

しかし、しばらくして「ペンタサ」という座薬を始めたところ速攻で症状が治りました。

すぐ治ったので驚きましたね。

それからは、現在まで症状は落ち着いています。

 

僕がこれまで出た症状は、血便のみ!

(最初は貧血気味とも診断されましたが。)

軽症で本当に助かりました。

今後また再発する可能性があるので油断はできませんが、これまでは病気に関して特に苦労していません。

難病でも旅をする

という訳で、特に日常生活に支障がないので、旅も自由にできます!

しかし、一応薬を飲み続けないといけないので、世界放浪の旅に出る前には、たくさん通院して多めに薬をもらっておきました。

そしてかかりつけ医にも相談して、英文で「この人は潰瘍性大腸炎の疾患があります」という内容の証明書を発行してもらいました。

 

僕は発病してから、「日本一周」「船で世界一周」「2年以上の世界放浪」をしてきました。

僕の場合は症状が軽いので、ラッキーです!

難病ですが、今の健康に感謝して、好きなことをしながら生きていきます!

タカヤ
タカヤ
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
コロナウイルスに気付かされたこと。【将来よりも、今を生きる】コロナウイルスによって、旅を中断したタカヤです。 現在、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大しています。 世界中で...

 

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。