プロフィール

旅人だった僕の就活〜沖縄料理屋に就職することになった訳〜

世界放浪中のTAKAYAです。

 

現在は、仕事を辞めて世界を放浪している僕ですが、旅に出る前は普通にサラリーマンとして働いていました。

前職場は、沖縄料理屋です!大阪の!

北海道に住んでいた僕が、なぜ大阪の沖縄料理屋に就職することになったのか。

 

学生時代の就活の話〜就職するまでの話をしてみます。

こう見えて、就活もしてましたからね!(笑)

一度目の就活

大学3年の冬頃から、就活は始まりました。

この年は、就活の時期を前年より遅らせるという方針の下、いつもより遅い時期から始まったのです。

この就活をする少し前には、日本一周の旅をしていました。

旅が終わってすぐの就活。

 

「また旅がしたいな〜」と思いつつも、そのまま普通に就活して就職するものだと思っていました。

 

受けた企業は、主に旅行会社です。

好きな旅を仕事にするために、旅行会社で働きたいと思っていたからです。

他にも、ディズニーランドのオリエンタルランドや有名企業にもエントリーしていました。

毎日のようにスーツを着て、説明会に出向きます。

 

しかし、就活を始めて2ヶ月程経った頃、休学しようと思いつきました。

また旅がしたい」という気持ちと、就活に嫌気が差したからです。

休学することを決めてからは、エントリーしていた企業を全て取り消します。

こうして、僕の一度目の就活は幕を閉じました。

二度目の就活

2年の休学をした僕は、またしても大学卒業が近付いてきたので、就活の時期がやってきました。

前回の就活では、有名企業や旅行会社にたくさんエントリーしていました。

しかし今回は、自分が本当に就職したいと思った企業だけ。

前回よりも、企業数をかなり絞って就活していました。

大企業よりも、面白そうな企業を中心に。

旅行会社やサービス業、環境系の企業が多かったと思います。

東京や大阪に説明会・面接を受けに行くことが多かったので、週1くらいのペースで飛行機に乗っていました。

 

しかしなかなか受かりません。

20社くらい落ちたと思います。

沖縄料理屋との出会い

そんな時、大手就活サイトでとある企業を見つけました。

大阪で沖縄料理を経営しているベンチャー企業!

社員数も少なく、会社ができてまだ5年くらいでした。

 

会社の歴史がまだ浅く、これから会社が成長していく過程の中で働くことができるのは面白そうだし、沖縄も好きなのでエントリーをしてみることにしました!

そして就職地にこだわりはなかったので、面接が決まって大阪へと飛びました。

 

そこで社長と話し、自分が成長できそうな会社だと感じました。

  • 飲食業界」という一般的にブラックだと言われている職種ですが、ベンチャーで働くことで、会社の動きを実感できること。
  • 仕事自体は、労働時間も長めで大変そうだと思いましたが、社内の人間関係が良さそうで、働いていて楽しそうな会社だったこと。
  • 働いている社員の熱量が高いこと。

 

そんなことを感じ、就職させて頂きました。

就活に対し、今思うこと

就活は、色々な企業のことを知れる良い機会です。

僕自身、就活をして色々な業界のことや会社への知識がつきました。

 

しかし、就活している当時と今では、変わったことがあります。

就活している時は、「とにかく大学を卒業するまでに就職しないと!」という気持ちでいました。

大学卒業→就職というレール以外、考えられなかったんです。

 

しかし今では、会社に就職をしないという選択肢も生まれました。

僕自身、ライターとして収入を得たり、

オーストラリアでワーホリをして稼いだり、

フリーランスとして生きている人をたくさん見たからです。

 

だから、今僕が就活当時に戻ったとしたら、『本当に、ここで就職して働きたい』という会社だけにエントリーすると思います!

大手企業だからとか、有名企業だからとか、人気だからとか、簡単に採用されそうだからとか、安定してそうだからとか、そんな理由でエントリーはしないと思います。

 

自分の人生の時間がもったいないので。

そしてもし、働きたい企業に受からなかった場合、自分で仕事を作り出す方法を考えます!

就職して、実際どうだった?

就活して、前職場に就職したことは、自分の中で大成功でした。

働いていた期間は、2年間という短い期間でしたが、会社がどんどん成長していくのを間近で感じることができました。

 

居酒屋での勤務だったので、夜遅くまで働いて眠かったり、毎日忙しく働いて大変なこともありました。

しかし自分のスキルアップに繋がり、人間関係も良かったので楽しかったです。

社長との距離も近く、熱量をすぐそばで感じられるというのも良かったと思います!

 

会社を辞める前に、世界を旅するための資金調達の一環として、クラウドファンディングをやっていました。

そこでたくさん協力してくれたのが、前職場の方々です。

感謝してもしきれないくらい、応援してもらい、僕は旅立ちました。

 

就職をすると、自分の生活の中で大きな時間を仕事に使うことになると思います。

だからこそ、その時間を有効に使えるように、【本当に働きたい】会社で働くのがおすすめです!

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!