インドネシア

高級ホテルが安い街!ジョグジャカルタで5つ星ホテルに泊まってみた。

夫婦で東南アジア放浪中のTAKAYAです。

 

少し前まで、インドネシアを旅していました。

インドネシアを旅している内に、ネット上で「ジョグジャカルタは、高級ホテルが安く泊まれる」という情報を目にしました。

 

普段は、ほとんど最安値の1泊300円くらいの宿に泊まっている僕たち。

だからこそ、たまに奮発して泊まるちょっと良いホテルは、最高にテンションが上がります!

 

高級ホテルに安く泊まれるなら!」ということで、高級ホテルに泊まるためにジョグジャカルタへと行ってきました。

そして、Swiss-Belboutique Yogyakartaという5つ星ホテルに泊まったので、レビューしていきます!

高級ホテルが安い街「ジョグジャカルタ」

ジョグジャカルタは、インドネシアジャワ島の中心部にあり、かつてはジャワ島の古都でした。

有名な観光地は、世界遺産の「ボロブドゥール遺跡」ですね。

世界三大仏教遺跡として、カンボジアの「アンコール遺跡」、ミャンマーの「バガン遺跡」と共に人気です。

 

そして、ジョグジャカルタは物価が安いことでも知られています。

インドネシア自体、全体的に物価が安いですが、その中でも安い!

だから、高級ホテルにも安く泊まれるんですね。

ハイアットやヒルトンにも、一人1泊5,000円程度で泊まれるとか…。

宿泊するホテルを厳選!

さて、お楽しみの高級ホテルを厳選して、予約するところから始まります。

インドネシアでは、Booking.comagodaを使って宿の予約をしています。

 

まずはエリア検索をして、その中から絞っていきます。

今回は、5つ星」と「口コミスコア8以上」、「朝食付きという条件で探しました。

ちなみに、いつも安宿を探す時は「口コミスコア7以上」だけを設定して、値段の安い順から見ています。

普段とは大違い!

 

宿泊サイトにおける口コミスコアは、けっこう信頼性が高い感じがします。(特に口コミの数が多い場合)

7点未満だと、けっこう酷いことが多いので、できるだけ避けてます。

7点代は普通〜ちょっと微妙かな、というくらい。

8点を越えると、そこそこ満足できることが多いですね。

9点を超えてくると、間違いないなという感じ。

 

絞って調べていくと、いくつか候補ができました。

そしてその中でも、交通機関で行きやすいホテルを探します。

また、口コミを見て自分に合いそうなホテルを探します。(日本人の良い口コミが多いほうが、安心します。自分と価値観が似ている人の評価が高いほうが、自分に合致しやすいので)

 

朝食が楽しみなので、口コミで朝食の評判が良いところにしました。

こうして、値段との折り合いもつけながら選んだホテルは、「Swiss-Belboutique Yogyakarta

なんとここ、1泊ツインルームで5,000円!

1人あたりにすると、2,500円ですよ!

日本だったら、安いビジネスホテルに泊まれるかどうか、ってところですよね。

衝撃的な安さです。

しかも口コミの点数が9点という高得点。

『Swiss-Belboutique Yogyakarta』へ突入!

こうして僕たちは、5つ星ホテルに泊まるために、ジョグジャカルタにやってきました。

街の中心部から比較的近く、徒歩30分くらいの距離です。

しかし、雨が降っていたし荷物が重いので、Grabでタクシーを呼んで行くことにしました。

 

いよいよ「Swiss-Belboutique Yogyakarta」に到着!

人生初の5つ星ホテル、楽しみです。

 

ホテルロビーに到着すると、チェックインです。

ウェルカムドリンク小さなケーキでもてなしてくれます。

そして、ロビーにいるおじいさんが伝統的な楽器で演奏し始め、僕たちを迎え入れてくれました。

ホテルが全体的に良い匂いで、癒されます。

 

しかし、ロビーに入った瞬間、気付いたことがあります。

このホテル、小さそう!

5つ星のホテルに泊まるのが初めてなので、もっと巨大で色々な施設が入っているものと思っていたんです。

これは…

想像を膨らませすぎたのか、期待し過ぎたのか、少し不穏な空気を感じます。

 

いや、綺麗ではあるんですけどね!

まぁでも、まだ部屋も見てないので、部屋に行きましょう!

部屋の様子

エレベーターで6階まで上がり、部屋へと入ります。

「これ、ちょっと綺麗なシティホテルだ!」

想像よりも狭い部屋。

特に綺麗でもない窓からの景色。

 

普段泊まっている宿から考えると、広いし清潔感抜群だし、ベッドふかふかだし、かなり快適ではあるんですけどね。

ちょっと5つ星への期待を高め過ぎたんですかね。

 

テレビ画面にネットが繋がって、YouTubeとかを見れるのは良かったですね。

トイレとシャワーももちろん綺麗です。

タオルやアメニティも使えます。

 

部屋内の冷蔵庫に置いてあるドリンクは、有料でした。

危ない危ない…

5つ星って、こういうのも無料のイメージだったので、気付かずに飲んでしまうところでした。

 

ちょっと部屋で一休みしたら、ホテル内の設備を見に散歩へ行ってみます!

ホテル内の設備

ということで、最上階にやってきました。

屋上には、プールとバージムがあります。

プールに入りたい気もしますが、部屋のクーラーで十分に冷えた身体には不必要でした。

中へと戻ります。

そして、降りれる階に全て降りてみることにしました。

 

途中の階では、巨大なクジャクの像があったり。

誰もいないラウンジがあったり。

…あれ、施設はほとんどこれで終わりです。

後はほとんど客室。

もっと色々な設備があると思っていただけに、少々残念なような気がします。

これってやっぱり、日本の小綺麗なシティホテルと同じレベルでは?

お楽しみの朝食ビュッフェ

まぁでも、一人2,500円のホテルですからね!

過剰な期待をしていたのかもしれません。

 

ですが、まだ最後の楽しみは残っています。

それは…朝食ビュッフェ

翌朝、会場へ向かうと…

席もしっかりした作りで、綺麗にされています。

これが最後の砦!どうなるのか!

朝食ビュッフェを見ていきます。

おっ!これは…

けっこう種類が多いですよ!

どれを見ても完全に美味しそうです。

朝食の域を超えるレベル。これが全て食べ放題とは。

西洋のものから、インドネシア料理まで。たくさんあります!

インドネシア料理は、注文したらその場で作ってくれるのもあります。

ピザやパン、サラダ、卵料理、フルーツ、デザート等幅広いです!

デザートもなんかよくわからないのから、確実に美味しいものまでたくさん!

最後の最後に、ホテルのハイライトがやってきました!

インドネシア料理はどこでも安く食べれるので、ホテルっぽい料理を中心に頂きました。

僕はビュッフェの際、食べる順番を全く気にしないので、デザート→メインのご飯なんてことも良くあります。

食べたいものから手当たり次第、食べていく感じ(笑)

 

何回もお代わりを頂き、お腹いっぱい!

贅沢な朝食でした。

この朝食のおかげで、少し5つ星ホテルの雰囲気を感じました。

『Swiss-Belboutique Yogyakarta』に泊まった感想

以上、ジョグジャカルタにある5つ星ホテル「Swiss-Belboutique Yogyakarta」に泊まったレビューでした。

ちょっと微妙なレビューですが、これは僕が5つ星に期待し過ぎていたためです。

普通に観光とかビジネスで来た時に泊まる分には、かなり快適でお手頃価格のホテルだと思います!

ただ、これが5つ星と言われると、「5つ星とは何なのか?」という疑問が湧いてきます。

 

ちょっと調べてみたのですが、ホテルランクの最高峰である「5つ星」は、その国によって付ける基準や選ぶ組織が違うそうです。

 

そして、5つ星の中でもレベルの差が大きいです。

やっぱり、5つ星で1泊1万円以上するくらいのところだと、多分「5つ星感」を感じられるんだと思いますが、1泊1室5,000円くらいだとあまり「5つ星感」は感じないのかもしれません。

もう少し金額を上げていれば、5つ星感を感じられたのかな〜と思っています。

さすがに1泊2,500円で泊まれるのは、安過ぎますよね。

 

物価の安いジョグジャカルタにおいても、1泊数万するホテルだってあります!

また、郊外のリゾート志向のホテルに泊まると、もっと非日常感を感じられるのかもしれません。

結果として「Swiss-Belboutique Yogyakarta」は、日本の小綺麗なシティホテルに泊まる感覚で行くなら、日本よりも安く、お得感を感じます!

朝食のレベルも高いですし。

 

もっと5つ星っぽさを感じたいのであれば、1泊1室10,000円以上のところで探すと良いでしょう。

僕が今度ジョグジャカルタに行く時には、もう少しだけお金を用意して、5つ星ホテルを楽しみたいと思います!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました〜!

 

 

海外旅行保険代を節約して、高級ホテルを楽しんじゃいましょう↓

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!