オーストラリア ラウンド

【2019マルディグラス】ニンビンで大麻収穫祭に行ってきた!

オーストラリアワーホリ中のTAKAYAです。

オーストラリアにあるヒッピーが作った村【ニンビンって知ってますか?

ここでは、ヒッピー文化が尊重されていて、なんと大麻の使用が黙認されているとか・・。

 

ニンビンがどんな村なのか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

そんな村が年で一番盛り上がるのはこの日!

【マルディグラス】(Mardigrass)

毎年、ゴールデンウィークくらいの時期に3日間開催している大麻の収穫祭です!

タカヤ
タカヤ
僕たちは、2019年マルディグラスの1日目と3日目に行ってきたので、収穫祭の様子についてレポートしていきます!

マルディグラスってどんな祭り?

祭り期間中はヘンプ柄一色。ヘンプ柄のスカーフをした犬もいました。

マルディグラスとは、ニンビンで年に一度3日間開催される大麻の収穫祭です。

2019年度は5月3日〜5月5日の3日間行われました。

 

大麻が黙認されている村で、大麻の祭りなんて大丈夫?」って思うかもしれませんが、警察もいれば観光客、家族連れもいてピースフルな雰囲気のお祭りです。

収穫祭の期間中は、こんな山奥の小さな村にたくさんの人が集まってきます。

 

祭りの趣旨としては、「皆で大麻やろうぜ!」という雰囲気ではなく「医療大麻の促進」が主でした。

年配の人も多く、けっこう真面目な感じ。

 

ニンビンの町の中で、大麻に関する催し物が開催されていたり、たくさんの出店が出ています。

マルディグラスのサイトかインフォメーションでプログラムをもらえるので、チェックして気になるプログラムのところに行きましょう!

マルディグラスへの参加方法

3日目のパレードの様子

期間中、ニンビンに行けば誰でも参加することができます。

ただ、有料ゾーンと無料ゾーンがあるので、有料ゾーンに入る場合はチケットが必要になります。

有料ゾーンでは、「大麻ファッションショー」や「大麻オリンピック」などのイベントをやっていました。

 

しかしチケットが少し高かったので、僕たちは有料ゾーンには入りませんでした。

3日間通し券とキャンプ付きで150ドルでした。

1日券も売っています。

チケット購入方法は、ニンビンのチケットオフィスで買うかオンラインです。

マルディグラス1日目の様子

アボリジニによる演目

マルディグラスの初日。

「盛り上がってるだろうな〜」と思いながら昼頃にニンビンに到着

すると、「あれ?」まだ準備中っぽい。

初日の昼頃は、まだ準備が完全には終わっていないようでした(笑)

一応やっているのですが、イマイチ盛り上がっていません。

準備中の露店も多かったです。

 

そして夕方頃から徐々に賑やかになってきました。

初日のイベントは夕方以降に開催される物が多く、まだ来客が少なかったからかもしれません。

 

メインのイベントは有料ゾーンでやっています。

僕たちはチケットは買わなかったので、「いつもよりちょっと賑やかだな〜」という程度。

 

夕方のオープニングイベントは公園でやっていたので、無料で見ることができました。

アボリジニの伝統ダンスや、火の付いた棒を回すパフォーマーなどがパフォーマンスをしていました。

 

僕たちは、元々この日だけの予定だったのですが、楽しみきれなかったので3日目も行くことにしました!

マルディグラス3日目の様子

3日目のパレードの様子

3日目も昼頃にニンビンに到着しました。

到着した瞬間、1日目との違いを感じます。

「圧倒的に人が多い」

実は、マルディグラスで一番盛り上がるのは3日目だったんです。

 

というのも、この日は有名なパレードがあるから。

このパレードを目当てにたくさんの観光客がやってきます。

一番盛り上がるパレードは必見!

パレード前の様子。皆、席とりをして待っています。

僕たちがニンビンに着くと、既にパレードを待っている人が席を取って待っています。

駐車場もほとんど埋まっていて、なかなか見つかりません。

焦りながらも、ちょっと遠いところに停めてそこから歩いて行きました。

 

パレードのある日は、早めにニンビンに到着しておくことをおすすめします!

なんとかパレードが見やすい場所を見つけ、座って待ちます。

 

しばらくすると実行委員会の人たちの話が始まり、盛り上がってきました。

そしてついにパレードがスタート!

まずは、動画をご覧ください!

ヘンプカラーの人たちのダンスや行進があります。

かなりの盛り上がり。

パレードの序盤の方なんですが、この辺が一番盛り上がっていました。

この動画で皆が叫んでいるのは、「Change the Law」(法律を変えろ)ですね。

大まかに言うと、適切に大麻を使うことは健康に良い、ということを主張しているみたいです。

他にも数組のグループが行進してきます。凝った衣装の人が多く、それを見ているだけで面白いです。

 

パレードは、町の中心部を練り歩きます。

もちろん、見学は無料

20分くらいのパレードでした。

祭り期間中は食べ物屋台が豊富!ヘンプ入りフードもあり

ドーナツとアイス屋さん。この日は特別メニューが・・・。

祭りの期間中は、色々な食べ物の屋台も出ています。

タイ料理やパエリア、タコス等多国籍に富んでいます。

そしてマルディグラス期間中は、ほとんどの屋台で特別メニュー「ヘンプ入り」の料理が提供されています。

 

ヘンプ入りなんて大丈夫?」って思いますよね。

実際に、上の写真の店で「ヘンプ入りバニラアイススムージー」があったので頼んでみました!

ヘンプ入りのアイスとスムージー。

そして飲んでみると…

 

美味しい!!

 

普通のバニラアイススムージーです!(笑)

ヘンプ感は特にわかりませんでした。

マルディグラス2019に行った感想

3日目のパレードの様子

マルディグラスに参加する前は、「大麻の収穫祭とは、なんてクレイジーな祭りなんだ!」と思っていました。

 

しかし参加してみると、そこに流れていたのはハッピーな空気感。

どんな人でも受け入れてくれるような雰囲気がありました。

 

2020年のマルディグラスは5月1日〜5月3日に開催されるようです。

参加される方は、パレードを見るのをおすすめします!

ヒッピータウンが一年で一番盛り上がる瞬間を見に行ってみてください。

 

ニンビンの近くでは検問を頻繁にやっているので、注意してくださいね!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。

リアルタイムはinstagramで!