オーストラリア ラウンド

オーストラリアの交通違反は、罰金が高額だから気を付けてくれ。

夫婦でオーストラリアワーホリをしていたタカヤです。

 

オーストラリアでは、1年間のワーホリ生活を送っていました。

そして半年間は、買った車で車中泊生活。

【オーストラリアを車中泊でラウンド!】車中泊旅ってどうやるの? 夫婦でオーストラリアラウンド中のTAKAYAです! オーストラリア最南端のタスマニアから入...
6ヶ月間かけてオーストラリアラウンド!ルート・行った街を紹介します。夫婦でオーストラリアワーホリをしていたTAKAYAです。 1年間、僕たちはワーホリのビザでオーストラリアに住んでいました。...
【オーストラリアで車を購入】買い方・試乗のポイントを説明します!夫婦でオーストラリアワーホリ中のタカヤです。 僕たちは、オーストラリアに入国して1週間で車を購入しました。 ...

車って、やっぱりなんだかんだお金がかかります。

【2019】オーストラリアで車の整備・修理、いくらかかる?こんにちは!☺︎ 現在、夫婦でオーストラリアをラウンド中のKANAKOです。 今までにオーストラリアを半周した...

修理や点検にお金がかかるのはもちろんですが、他にもお金がかかります。

 

その代表と言えるのが、交通違反の罰金

オーストラリアの罰金って、日本の比じゃないです。

オーストラリア滞在中、交通違反の罰金を受けてしまったので、注意喚起として書いていこうと思います。

オーストラリアの厳しい罰金事情

オーストラリアって、実は血も涙もない交通違反への罰金大国なんです!

警察やレンジャーはよく見回りをしているし、オービスの量が半端ない。

 

駐車違反やスピード違反、右折禁止のところを右折しちゃったりすると、日本とは比較にならないくらいの高額な罰金が課せられます。

交通違反に関しては、陽気なオージーもルールに厳しく、すぐに違反切符を切られます。

ワーホリの人でも、違反切符を受ける人が多いそう。

 

どれくらい厳しいかと言うと、

オーストラリアの田舎道を走っている時、前の車が急にスピードを落としました。

広い道で、交通量がないにも関わらず。

 

ふと道端を見ると、「制限速度40km」の看板が。

オージーは、交通違反の罰金が高額なことを知っているので、交通ルールに忠実な人が多いんです。

 

日本だと「速度制限を忠実に守る人って、逆に少ないくらいでは?」とさえ思います。

ラウンド中に罰金を受けたら…?

オーストラリアに入って、まず車を買った僕たちは、タスマニアに住んで働いていました。

そして、タスマニアでの仕事が終わると、オーストラリアを車中泊しながら、ラウンドの旅に出ることにしました。

 

常に移動しながら旅をするので、車が家です。

住所は、タスマニアの時の住所のまま。

 

オーストラリアをラウンドする人って、けっこうこういう人も多いと思います。

これの困るところが、郵便物が全て前の住所に届くということ。

 

ラウンドを始めて少し経った頃から、不安を感じてきました。

タカヤ
タカヤ
これ、もしオービスとかで違反切符切られてたら…?

ちょっと調べてみると、交通違反には期限があり、その期限を過ぎると高額な遅延金がプラスされるらしいとのこと…。

 

そういう郵便物が届いてるかどうかもわからない状況…

怖いっ!

 

僕たちがタスマニアで住んでいたのは、バッパーの宿で、たくさんの日本人も一緒に住んでいました。

そこで、まだ宿にいそうな日本人の友人に連絡を取ってみました。

「自分宛の手紙、何か来てないかな?」

 

すぐに返信が返ってきました。

「何か手紙来てますよ!」

罰金が発覚!

タカヤ
タカヤ
これはもしや…

脳裏には、罰金の二文字が横切ります。

これまで、交通違反をしたかどうかは、正直よくわかりません。

相当な距離、走ってますから。

ただ、「これだけ走ってたら、どこかでオービスに違反切符を切られてるかもしれないな〜」という意識がありました。

 

友人に、手紙を開けてもらい、写真を送ってもらいました。

実際の写真がこちら。

タカヤ
タカヤ
完全に切られてる!

439$の罰金です。

制限速度50kmのところを、63kmで走っていたと書いてあります。

13kmオーバー。

これ、3万ぐらいしますよ⁈

日本だったら数千円〜1万円くらいですよね。

 

しかも、この時既に期限が切れています。

遅延金の発生…。

実際には、これよりさらに数十ドル追加されていました。

手紙に書いてあるURLに繋ぐと、さらに詳細情報が出てきました。

あなたはこの場所で違反してますよ」という丁寧な証拠写真。

 

そこには紛れもない自分の車がありました。

完璧に写真撮られてます。

ちょっと下り坂だったところだ〜!」という悲痛な叫びは全く効果を示さず、そこに残ったのは約4万円の罰金だけ。

 

支払いは、Webサイトで。

ものすごく簡単で、システム化されています。

 

日本だと、交通違反の罰金の支払いって、ちょっと面倒ですよね。

しかしここはオーストラリア。

罰金を徴収するのに、クレームが出ず誰でも簡単に支払いができるような仕組み作りがされています(笑)

オーストラリアでは、交通違反に注意!

オーストラリアでは、本当に交通違反に注意です!

日本での感覚とは違うので、気を付けてください。

 

スピード違反以外にも、駐車違反の切符も切られやすいです。

僕は経験したことありませんが、数分駐車禁止の場所に止めていて、高額な罰金を取られたという話も聞きます。

駐車禁止時間や駐車しちゃダメな場所など、慣れるまで分かりにくいので注意が必要です!

 

また、シートベルトは全席装着が義務です。

後部座席でも、シートベルトをしていなかったら罰金です。

 

罰金罰金!

交通違反に関して、とてもルールに厳しいオーストラリア

思いもよらぬところで違反切符が切られる可能性があるので、周りのオージーやオーストラリア歴が長い人から学んでいきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

旅中のトラブル5選!

【旅はトラブルの連続】盗難に火事に事故⁈『旅中に起きたトラブル5選』世界放浪中のタカヤです。 旅はトラブルの連続。 よく言われますよね。 実際、確かにトラブルは多いです。 ...

 

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。