オーストラリア ラウンド

オーストラリアの検問で警察を爆笑させた話

夫婦でオーストラリアラウンドをしたTAKAYAです!

広大なオーストラリアをラウンドしていると、本当に色々なことが起こります。

その中の一つが検問

タカヤ
タカヤ
「検問」って受けたことあります?

僕は日本でも車を運転していましたが、受けたことはありませんでした。

 

しかしオーストラリアで検問を受け、警察を爆笑させてしまったので、その時のエピソードを紹介しようと思います!

行き先は『大麻合法』の村?

この日、僕はある場所へと車を走らせていました。

そこは「Nimbin」ニンビン)という山の中にある小さな村。

ここはヒッピーが住んでいる村で、ヒッピーの生き方が尊重され、「大麻の使用がある程度、黙認されている村」と言われています。

そしてこの日は、ニンビンが一番盛り上がる時。

「大麻収穫祭」の【マルディグラス】

という大きな祭りが開催されているのです。

「どんな祭りなんだろう」

楽しみにしながら、山の方へと車を走らせていました。

ニンビンの少し手前で、検問に出会う

※イメージ画像です。

すると、ニンビンの少し手前で警察が検問をやっていました。

事前情報で、この辺りで検問をやっている可能性が高いということは知っていたので、特に驚きもせずに検問で停まりました。

 

 

ここからは、僕が英語をあまりできないという状況下での会話だという前提の上、お進みください。

とりあえず、日本の免許証を出してみました。

ポリス
ポリス
これはどこの国の?
タカヤ
タカヤ
日本です。
ポリス
ポリス
OK。ちょっと借りるわね。

ところで、マリファナはやった?

免許証が大丈夫だったことに安心して、僕が放った一言。

タカヤ
タカヤ
いいえ、まだです!

ここで警官が爆笑。

あなたニンビンに行くから、これからなのね(笑)って感じで。

 

いや、実は英語を聞き間違えていただけなんです!

 

「マリファナやった?」→「ドラッグテストはやったことある?」

って聞かれたと思っただけなんです。

 

ネイティブ英語って難しい・・・。

横にいた妻は聞き取れていたようですが。

 

その後のドラッグテストも終始楽しげなムードで終わりました。

 

結果はもちろん問題なし!

 

最後、検問を出るときは「Thank you! Bye」というラフさ。

ちなみに、大麻の陽性反応が出た場合は、罰金になるようです。

日本だと即逮捕ですよね。。

 

オージーは陽気な人が多いです。

日本で、大麻を使用したかどうか聞かれて

「いいえ、まだです!」

なんて答えたら大変なことになりますよね(笑)

 

そんなある日の検問でのエピソードでした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。
リアルタイムはinstagramで!