オーストラリア ラウンド

荒野にある人口数人の村【ウィリアムクリーク】のバーでビールを飲む。

オーストラリア半周ラウンドをしたタカヤです。

 

オーストラリアって、本当にでかいんですが、人口のほとんどは沿岸部に住んでいます

内陸部に住んでいるのは、ほんの僅かな人々。

なぜかというと、内陸部はほとんど砂漠や荒野だから。

なかなか厳しい生活環境なんです。

 

僕がオーストラリアを半周ラウンドしている時、内陸部の砂漠地帯へも行きました。

そして、砂漠地帯を走っている時に立ち寄ったのが、「ウィリアムクリーク」という村。

この町のバーは、まるでオアシスのようでした。

今回は、そんな砂漠のオアシスの話です。

【オーストラリアを車中泊でラウンド!】車中泊旅ってどうやるの? 夫婦でオーストラリアラウンド中のTAKAYAです! オーストラリア最南端のタスマニアから入...

人口数人の村「ウィリアムクリーク」へ

「ウィリアムクリーク」

ここは村と言えるのか。

オーストラリアの南オーストラリア州にあり、砂漠地帯にあります。

住民は、数人。

少ない時では、住民2人の時もあったそうです。

現在、Wikipediaでは住民10人と書いてあります。

村にあるものといえば、ホテルとキャンプ場、商店併設の小さなガソリンスタンド。それくらい。

車で通ると、5秒くらいで通り過ぎてしまうくらいの村です。

周囲には、砂漠しかありません。

隣町までも車で数時間。

こんなオフロードの道をずっと走っていきます。

 

オフロードやアウトバックに入る際は、注意点があるので下の記事を読んでから行くようにしてくださいね。

アウトバック / オフロード 安全に楽しむために必要な準備と注意どこまでも続く道、広い空、遠くに見える地平線。 オーストラリアといえば、そう、、、、、大自然!! 自分で車を運転して...

この時は、ウルルを目指していて、その途中で立ち寄りました。

毎日6時間くらい運転して砂漠を走り続けます。

周りには、本当に何もない世界。

 

ずっと走り続け、やっとウィリアムクリークに到着しました。

村の入り口には、ヘリコプターが停まっています。

これは観光用のヘリ

上空から砂漠地帯の景色を見るみたいです。

こんなところにあるホテルは、なぜ経営が成り立っているのか不思議です。

しかし実は、この村の名物はこのホテルにあります。

ここがオアシス!バーでビールを飲む。

 

「ウィリアムクリークホテル」

ここに、そのオアシスがあります。

バー併設のホテル。オーストラリアによくあるバーですね。

しかし、こんな砂漠地帯の真ん中にあるとなれば、特別感を感じます。

中に入ると、思いのほか賑わってます。

というか、ウィリアムクリークに来た人はここ以外行くところないですからね。

 

中に入った瞬間に目に入るのが、壁や天井に貼られた大量の名刺

皆、「ここまで辿り着いたぞ〜!」と自分の軌跡を残していくみたいですね。

確かにこんなところ、ほとんどの人は人生で一度くらいしか来ないでしょうから。

厳しいアウトバックの環境を乗り越えて、ここまで辿り着いたという証。

バーと言っても、生ビールはありません。

普通の缶ビールですが、こんな環境で飲むから格別。

 

砂漠の中だと、喉もよく乾きます。

食料や水、生活物資が限られた中でやっと辿り着き、生きていることへの喜びを感じます。

そこに現れたバーは、旅人にとってのオアシス

どこにでも売ってる普通のビールが、こんなに美味しく感じるとは。

【オーストラリアはビール天国!】酒屋で買える市販ビールまとめオーストラリアワーホリをしていたタカヤです。 もっとビールが好きになる国、オーストラリア。 オーストラリアって、本当...

終わりに

ウィリアムクリーク。

行きたい」と思ってもそう簡単に行ける場所ではありません。

それだけに、ビールを飲んだ瞬間、本当の喜びを感じました。

 

心が震えるような瞬間。

ビールを飲んだ瞬間の記憶がこんなにも残っていることなんて、そうそうありません。

 

「生きてて良かった。」

そう思えるバーが、ここにはあります。

 

 

 

 

 

ウィリアムクリークを経由して行く場所は、クーバーペディ

ここの景色もすごいです。

火星?地下都市?見たことない景色を見たいなら【クーバーペディ】夫婦でオーストラリアラウンド中のTAKAYAです。 オーストラリアに来てから半年以上が経ちました。 その間、オースト...
ABOUT ME
アバター
TAKAYA・KANAKO
こんにちは! 夫婦で世界放浪中のTAKAYAとKANAKOです。 北海道出身の夫と大阪出身の妻でお送りします。 地球一周の船旅「ピースボート」で出会い、結婚後に二人で仕事を辞め、バックパッカーで世界を放浪しています。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。

リアルタイムはinstagramで!